英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

英語が出来ないと昇進できない?コンサルタントが抱える悩み

2022/08/02

英語が出来ないと昇進できない?コンサルタントが抱える悩み

 
コンサルタントという業種は、企業から依頼される様々な課題を解決するために調査・立案・実行を施す仕事になります。多種多様な業務にあたれることから人気の高い業種なのですが、スキル不足により昇進できないケースも存在します。今回は、英語が出来ないと昇進できない?コンサルタントが抱える悩みについてお伝えします。
 

コンサルタントが抱える悩み

 
コンサルティング企業は数多くの企業との取引があり、業界問わず様々な課題を投げかけられることになります。経営戦略からIT戦略にM&Aなど多くの事案に立ち向かわなければなりません。
 
従って、プロジェクトごとに求められる知識・能力が異なるため、やりがいを感じながら働ける職場でもあり、高収入・好待遇といったメリットが上げられる業界でもあります。
 
しかし、コンサルタントにとっての悩みも多く、沢山の知識や能力を養わなければならないこともあり、仕事以外にも力を付けなければならないケースが存在します。現代であれば、英語力などのグローバル案件を熟せる人材でなければ、昇進や昇給のチャンスが訪れないなどのデメリットも存在します。自身の成長を後押しするスキルアップも必須となってくる大変な職業でもあるのです。
 

英語力が必要となるコンサルタント

 
コンサルティングファームなどの外資系や大手企業になると、グローバル案件の受注が多いこともあり、英語がマストとなります。
 
この英語力も、TOEICの700点以上などのスコア基準ではなく、業務上使える英語力が求められるので、ネイティブレベルや流暢に英語を話せるといった能力になるため、英語が苦手という社員にとってはかなり辛く感じることでしょう。
 
特に、現在のグローバル化による課題は、国内企業の抱える問題にも直結していることが多く、コンサルタントとしても対応できなければならないケースが増えています。従って、英語力が低いと企業に居づらいや、ストレスを感じるなどの状況に追い込まれてしまう社員も少なくはありません。
 
コンサルタントとして英語力が低いということは致命的な欠点にもなり兼ねませんので、現在コンサルタントと働いている方で英語に悩みがある場合は、LIBERTYにご相談くださいませ。そして、これからコンサルタントを目指す学生も、早期対策し高い英語力を養うことをおすすめします。
 

まとめ

 
コンサルタントは企業のサポートをするやりがいのある仕事です。
また、多忙な仕事ですが、20代でも1000万円を超える高収入を得られる業界でもあるため、夢があると考えられています。しかし、その結果を得るためには、自身の能力アップなど成果を残せる様にしなければなりません。英語力向上などのスキルアップが必要となりますので、しっかりと業界で活躍できる能力を養っていきましょう。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約