英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

英語の実用性に驚愕!入社後のギャップを感じる新社会人

2022/08/02

英語の実用性に驚愕!入社後のギャップを感じる新社会人

 
大手や外資系にコンサルタントや商社など、英語を使う企業と分かって入社したものの、その求められる語学力の高さにビックリするというケースがあります。今回は、英語の実用性に驚愕!入社後のギャップを感じる新社会人についてお伝えします。
 

英語の実用性に驚愕

 
英語を使う仕事と知って入社試験を突破し就職、晴れて社会人の一員となる方たちは、その企業の業務にあたる前には、新人研修などを経て部署に配属になることでしょう。
それまでの、模擬体験の様な状況とは違い実践の場で働き出すと感じる違和感。
 
実践では、模擬でなかったようなイレギュラーな対応が必要となるケースも多く、英文の書類やメール、英語での電話などがあり、面を食らうという方も少なくはありません。たとえ、英語を使うと分かっていても、英語に触れる機会が少なかった人たちにとっては、その対応をするのも一苦労となります。
 
また、出来ないが続けば、社内に居づらくもなりますし、自身の出来なさや歯がゆさにストレスを感じてしまう方もいます。プレッシャーを感じながら働くと言うのは非常にシンドイもので辛くて仕事を辞めてしまう方も案外多いのです。
 
だからこそ、社会人として働く前に伸ばせるスキルは伸ばしておかなければならないのです。
 

入社後のギャップに負けないためのスキルアップ

 
企業に就職する前に、企業の仕事内容などはネットの情報を駆使すれば多少のイメージは付くでしょう。しかし、実際に入社後のギャップに驚くという方は多いので、出来るのであればインターンシップなどを活用して実際の社会で経験を積んでおくことも大事だと思います。
 
これは、社会とのギャップを未然に埋める作業にもなりますし、業界を知りどの程度の能力が無ければやっていくことが難しいのか知ることができる絶好の機会でもあります。
 
特に英語を使うことを前提としている企業への就職を考えている学生は、希望する企業や業界で必要となる英語力がどのレベルにあるのか知っておく必要性は高いと言えます。
 
もちろん、部署ごとによっても求められる英語力は異なりますが、インターンシップなどで先輩社員から確認しておくことで、自身の就職活動までの時間を活用し伸ばせます。また、そういったギャップを無くしていくことが社会人として働き出した際に、驚かずにも済みます。まずは、ギャップを埋めるために、自身の成長を促進する情報を集めていきましょう。
 

まとめ

 
学生から社会人として進路を取った際に、就職先の企業で働き始めて感じるギャップが大きいほど、ストレスを感じやすくなります。このギャップを減らすことで、仕事へまい進することが出来るでしょう。
 
英語を使う仕事に就きたいといって、就職してみると高レベルの英語力が求められ、自分の英語力では足りないと気が付いて伸ばせるだけの時間の余裕が持てれば良いのですが、日常業務が忙しいなどで学習時間が持てないと、シンドイが増さります。
 
そうなれば、仕事をやっていく気力さえ奪われてしまいますので、事前にインターンシップなどを活用して本当に必要な能力が何か・自身に何が足りないかを見極めることをおすすめします。そして、足らない能力を伸ばして社会人となることが重要です。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約