英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

英語はあくまでもツールのひとつ!プラス何が出来るかが大事

2022/08/02

英語はあくまでもツールのひとつ!プラス何が出来るかが大事

 
英語という語学は、現代社会において重要なスキルの一つですが、コレひとつだけではビジネスシーンでは活用の幅は狭まります。専門的な知識であったり、思考力や判断力にリーダシップ能力なども磨かなければなりません。今回は、英語はあくまでもツールのひとつ!プラス何が出来るかが大事についてお伝えします。
 

英語はあくまでもツールのひとつ!

 
国際化が進む現代社会において、英語というツールは重要なスキル。
学生や社会人が一生懸命勉強し、習得に励む光景は珍しくはないでしょう。しかし、英語習得に至る方は、まだ少ないこともあり英語が出来る人への評価は高いといった印象を持たれていませんか。
 
しかし、英語スキルだけで評価が高いと決めつけるのは早計です。
なぜなら、ビジネスで外国語はツールに過ぎないため、言葉が話せても相手の気持ちを汲み取る思考力や商談を上手に進めるための戦略を練ると言った判断力など、専門的な知識がなければ、言語ツールもただの飾りになってしまうのです。
 
それこそ営業職の人が相手の心を掴み商談をまとめるには、相手の不安や不満を解消する術を持ち得なければいけません。この情報を伝えるためには、語学以前に知識や技術が必要となり、その情報を言葉にして伝えなければならないのです。
 

英語以外に何が出来るかが大事

 
企業にとって利益を上げる手段として考えられるのが、国内収益の他に海外での収益を上げる事で業績を伸ばすといったことが行えます。国内収益に関して言えば、日本人の営業マンで問題がないのですが、海外で結果を残すためには外国人と対等に渡り合えるグローバル人材でなければ厳しいでしょう。
 
そうなると、外国人とコミュニケーションを図るには、言葉の壁だけでなく海外の文化や習慣の知識もなければいけません。これは、相手の発言の意図や心理までを理解し、コミュニケーションにおける障壁を取り除くことで、より相手との対話を大事にでき、商談をまとめやすくすると言ったビジネスマンの能力を発揮させる基本でもあるのです。
 
言葉のスキルアップも大切ですが、自分には何ができるのか把握し、何が出来なければいけないのか明確することが大事なのです。そのため、言葉以外にもスキルや知識を磨いていきましょう。
 

まとめ

 
英語は現代の国際社会においてビジネススキルとして非常に重要なツールです。
しかし、英語力だけではコミュニケーションを図れる道具でしかありません。ビジネスシーンで役立てるためには、専門的な知識や技術が必要不可欠となります。語学と知識や技術の能力を総合的に高めていくことが重要であることを理解し、成長を目指しましょう。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約