英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

英語は絶対に必要?外資系は大変?コンサルタントの魅力とは

2022/08/02

英語は絶対に必要?外資系は大変?コンサルタントの魅力とは

 
就職活動を始める学生にとって、魅力的な企業とはどういった企業でしょうか?高収入や好待遇。やりがいを感じられる仕事に就く事など様々な要因があると思います。今回は、英語は絶対に必要?外資系は大変?コンサルタントの魅力とは。についてお伝えします。
 

コンサルタントの魅力

 
コンサルタントという職業は、企業の経営戦略やM&AにIT戦略など様々な依頼を受けてその課題を解決する仕事となります。そのため、様々な分野のクライアントとのミーティングや商談が持たれることになるため、幅広い知識や経験を積み重ねられる仕事として学生からも注目される業種です。
 
一方で、外資系のコンサルティングファームなどは案件量が多いこともあり、残業が多いなどのイメージも強いとされています。その代わりに、収入は高く、20代でも1000万円を超える給与を貰う人材が多いことでも有名です。収入が良いと生活水準も上がりモチベーションにも繋がります。ですので、企業内で評価されることは、メリットとも言えるでしょう。また、残業がない企業の方が珍しい昨今、20代から高収入を目指せる業種はそう多くはありません。
 
ですので、コンサルタントという業種は、多忙でありながら経験や知識を身に付け高収入を得られる魅力的な職業となります。また、経験を積み独立するやフリーランスとして自身の知識を売るということもできる業種ですので、働き方の幅も広いと言えます。
 

コンサルタントに求められる英語力

 
コンサルタントという業種は、クライアントの意向を汲み取り、成果を出す戦略を提案・実行することになります。そして、現在のグローバルな経済の中で、国内コンサルティング企業であっても海外企業のサポートをすることや国内企業の海外進出のサポートをするケースも少なくはありません。
 
グローバル案件を手がける企業であれば、語学力は必須となります。
また、企業内に海外本社などから転属してきている社員などもいるため、コミュニケーションを図るためには英語が不可欠な業種ともされています。
 
コンサルタントを目指す学生は、高い英語力を養っておくべきだと言えるでしょう。
なぜなら、働きながら英語を勉強することになると、時間を多く必要とする可能性が高くなります。また、学生時代からしっかりと英語力を高めるトレーニングをすることで、海外留学など様々な海外での経験を積めるため、将来的に役立たせられることもできるのです。
 

まとめ

 
クライアントの企業課題を解決するために働くコンサルタントという職業は、様々な知識を蓄えながら経験を積み上げられる素敵な職業です。
大手や外資系コンサルティングファームなどへの就職は、成長を期待できる物でもありますが、自身のスキルや知識力に商談・交渉といった能力が高いレベルで求められます。やりがいのある仕事だからこそ、自身の努力が必要となる業界と考えられます。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約