英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

英語を使う仕事はどういった職種?現在は多くの業務で英語が必要

2022/08/02

英語を使う仕事はどういった職種?現在は多くの業務で英語が必要

 
英語を使う仕事に就きたい学生にとって、どのような業種に付けば良いのか?といった疑問を抱くこともあるでしょう。英語を使う仕事は、商社や外資系などの業界しかない訳でもありません。今回は、英語を使う仕事はどういった職種?現在は多くの業務で英語が必要についてお伝えします。
 

英語を使う仕事

 
英語を頻繁に仕事で活用する職業に就きたい学生にとっては、接客や営業から事務など様々な業種で使う英語も異なるため、自身のやりたい仕事で英語を使うのか知っておくことも就職先選びのポイントにもなります。
 
【商社】
英語を使う仕事の代表格でもある商社は、海外出張や海外赴任も多い職業です。
海外での交渉や商談といった営業職だけでなく、国内の事務作業等でも英文の資料やメールに電話取次などの業務でも英語を多用するため、高い英語力が求められる業種となります。
 
【外資系企業】
外資系企業は本社が海外にあるので、日本国内のオフィスであっても外国人社員・役員がいることや海外とのミーティングも行われるため、英語力は高くあった方が良いケースが多いです。
 
【通訳・翻訳家】
言葉を操る通訳や翻訳家といった業種は、言葉の専門家でもあるため、英語をマスターしていなければ行えない業務となります。専門性の高いマニュアル作りや海外の来賓などの通訳を行うなど英語4技能が必要です。
 
【ツアープランナー・ツアーガイド】
旅行会社をはじめとするツアープランナーやツアーガイドにとっての語学力は、日本人の海外旅行をサポートしたり、外国人が日本観光にやってきた際のガイドなどを受け持つことになります。旅行のサポートからトラブル対応など幅広く活躍しなければならない職業です。
 
【空港関連・パイロット・キャビンアテンダント・グランドスタッフ】
空路からやってくる外国人の入国管理から、パイロットに管制官にキャビンアテンダントなど、外国からの渡航者など様々な業務で英語が話せなければならないケースの多い業界ですので、英語力が必要となる職場です。
 
【ホテルスタッフ・コンシェルジュ】
ホテルのカウンターの受付からお客さまのリクエストに応えるサービスを行うことになるため、海外渡航者のサポートをすることになるので、英語でのコミュニケーション能力が求められる職業です。
 
【英語教員・塾講師など】
英語は必須科目でもあるため、学校の教員や塾講師などになれば、試験対策や会社員などにレクチャーしなければならないため、英語に一番精通している職業でもあります。学生や社会人の能力に合った講義を行わなければならないので、4技能を正しく教えることが求められる業種です。
 

まとめ

 
この他にも、数多くの職業で英語を多用するケースは増えています。また、部署ごとでも英語を使う頻度は変わります。国内企業の事務職であっても、海外との取引があれば、英文を目にする機会も多いですし、海外出張がある企業であれば英語が話せた方が商談もまとめやすいので、英語力の向上は大切です。英語を使う仕事に就きたいと考えている学生も、就職先のインターンなどを活用し、どのような英語力が企業では求められているか確認し、英語学習に励むと良いでしょう。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約