英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

国内大手の石油元売り企業ENEOSホールディングスの英語力

2022/08/02

国内大手の石油元売り企業ENEOSホールディングスの英語力

 
エネルギー事業や石油・天然ガス開発事業、金属事業を行う子会社やグループ会社の経営管理などの業務を行うENEOSホールディングス。エネルギー事業のトップを走る企業ですので人気の高い就職先とされています。今回は、国内大手の石油元売り企業ENEOSホールディングスの英語力についてお伝えします。
 

ENEOSホールディングスについて

 
ENEOSホールディングスは、原油や石炭に天然ガスやLNGを中東・ヨーロッパ・米州・アジア・オセアニアなどから購入し、それぞれの資源を海上輸送するための配船手配・運搬管理を行なっています。
 
そして、調達した原油を蒸留して各成分に分け、ガソリンや灯油、石油、重油などの石油製品・化学品を製造しています。
 
また、海外事業も推進しており、石油製品の需要が増すアジア太平洋圏を中心に、現地法人などとの海外プロジェクトを展開しています。石油以外にも、電力や石炭・ガスに関する事業展開をしており、水素をはじめとする新エネルギーの研究にも取り組んでいる企業です。
 

ENEOSホールディングスの英語力

 
ENEOSホールディングスでは、海外出張や海外派遣があるため、英語力においても高いレベルが求められる傾向にあります。
また、海上輸送するための配船手配・運搬管理などは、海外の企業とのやりとりも含まれ、英語などの語学力が低いとメールのやり取りや書類上の不備などの確認が行えないので、TOEIC800点以上・コミュニケーションスキルとしての英語力を求められる事になるとされています。
 
ただし、日常業務が忙しいことや教育体制があるものの補助が少ないと言われているので、学生時代からしっかりと英語力は伸ばしておいた方が良いと言えるでしょう。
 
英語学習も、時間を掛けて伸ばさなければならないスピーキングなどがあるので、早期対策をして、就職後に外国人と対話できるレベルにまで引き上げておくべきと考えられます。
 
LIBERTYでは、母国語を英語とする教養あるエリート層が操る本格的な英語を習得するためのカリキュラムを組んでいます。グラマーテーブルを軸としたメソッドで、英語の核となる構造や規則を体系的に理解することによって、英語総合力を高めることが出来ます。
ご興味がある方は、ぜひ無料カウンセリングへお越しください。
 

まとめ

 
日本の石油元売業界のリーディングカンパニーでもあるENEOSホールディングスは、地球のエネルギーを活用し、人々の暮らしを豊かにする企業です。やりがいを感じられる仕事でもあり、海外とのやりとりも多い企業ですので、語学力を活かして働きたいという学生からも高い人気を得ています。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約