英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

最も年収を稼ぐとされる航空機操縦士になるには英語力が必要

2022/08/02

最も年収を稼ぐとされる航空機操縦士になるには英語力が必要

 
飛行機やヘリコプターを操縦する航空機操縦士は、最も年収が高いとされる職業です。国内・国外へ多くの人の命を送り届ける業務となるため、知識・技術が必要とされます。今回は、最も年収を稼ぐとされる航空機操縦士になるには英語力が必要についてお伝えします。
 

航空機操縦士になるには

 
航空機操縦士(パイロット)は、大型のジャンボジェットや軽飛行機、ヘリコプターなど、さまざまな航空機を操縦する職業です。
 
一般的なパイロットと考えると、ジャンボジェットなどの旅客機を操縦する人のことを想像するでしょう。
旅客機を操縦するパイロットになる方法は、大きく分けて2つになります。
 
一つ目が、一般の学校を卒業し、航空会社へ入社後「パイロット養成訓練」を受けてライセンスを取得する方法になります。採用されるのにもハードルが高く、航空会社によっては再受験できないので、難関とされています。
 
二つ目は、航空大学校へ入学し、訓練を修了したのち、国家試験を受けてライセンスを取得してから、航空会社へ入社するといったルートとなります。
 
どちらの方法であっても難易度は高く、パイロット採用試験も年度によっては100倍以上の倍率になると言われています。
 

航空機操縦士には英語力が必要

 
JALやANAをはじめとする航空会社に格安航空会社(LCC)のPeachやJetStarなどの企業が主な就職先と考えられます。これらの企業でのパイロットには、技能だけでなく英語力が必須となります。
 
まず、企業就職の選考途中で英語の筆記試験が実施されます。また、企業によっては英会話での面接やディスカッションが行われるケースもあるため、語学力アップが求められます。そして、入社後には海外研修もあるので、使える英語力がなければ訓練に付いていくことが困難となります。
 
そして、パイロットとして空を飛び回ることになると、航空管制官とのやりとりはすべて英語で行われるなど、業務で英語は頻繁に使われますので、語学学習は学生時代に高めておかなければいけません。
 

まとめ

 
パイロットは高年収の職業でもあり、人気が高い業種ですが、その合格率や難易度は非常に高く、パイロットになるのも難関とされています。
また、業務には英語が付きまとうため、技術や知識だけでなく、高い語学力も求められる職業ですので、しっかりと準備して臨むことが重要となります。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約