英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

最大級のビジネスコンサルティングファームIBMで必要な英語

2022/08/02

最大級のビジネスコンサルティングファームIBMで必要な英語

 
世界最大手規模のIT企業といったイメージの方が強く持たれている方も多いIBMは、世界最大級のビジネスコンサルティングファームでもあるのです。今回は、最大級のビジネスコンサルティングファームIBMで必要な英語についてお伝えします。
 

IBMについて

 
IBMは、1911年にC-T-Rとして設立され、1960年代にはコンピューター市場を席巻し、世界最大級のIT企業へと成長していきました。そして、2002年にIBMがPwCコンサルティングを買収し、2010年にはIBMとIBMビジネスコンサルティング サービス(IBCS)が統合され、世界最大級のビジネスコンサルティングファームとして台頭しています。
 
日本では、2002年にPwCコンサルティングの買収から経営権を承継し、IBMビジネスコンサルティングサービス株式会社が発足されています。2021年には、グローバル・ビジネス・サービス(GBS)事業部門の名称を「IBMコンサルティング」へと変更されました。
 
IBMの事業内容としては、プラットフォームを中心とするハイブリッドクラウドやAIにソフトウェアなどのITコンサルティング事業に強く、近代のビジネスで重要とされるポイントを補うサービスを行っている印象が強い企業です。
 

IBMで必要な英語

 
日本IBMでは、論理的思考力やコミュニケーション力が高い人材が求められる傾向が強いとされています。また、海外事業などのグローバル案件を手がける事も多く、英語といった語学力も必要不可欠となります。
 
例えば、プロジェクトで海外支社の社員とミーティングを行うことになれば英語での会話が基本となりますし、海外企業がクライアントであれば、英語での対応が求められます。
その他にも、海外支社への出張や赴任といったケースでは、海外での生活やビジネス環境でも英語などの語学力は必須ですので、コンサルタントとして仕事をする上で語学力の向上は重要なポイントとなります。
 
LIBERTYでは、母国語を英語とする教養あるエリート層が操る完璧な英語をマスターするためのカリキュラムを組んでいます。グラマーテーブルを軸としたメソッドで、英語の構造や規則を理解することにより、英語の核が強化され英語総合力を向上させることができます。ご興味がある方は、ぜひ無料カウンセリングへお越しください。
 

まとめ

 
IBMは世界トップクラスのIT企業でもあり、コンサルティングファームとしても実績を残す企業です。抱える案件も、事業戦略・業務改革・組織変革・最先端のビジネスアナリティクス導入などの戦略コンサルティングがメインとなります。また、グローバル案件を多数抱える企業でもあるので、英語といった語学力も高いレベルで求められるため、就職を希望する方はしっかりと語学力アップにも励んでおきましょう。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約