英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

商社・コンサルタントなどの業界で働く際に磨いておくべき英語

2022/08/02

商社・コンサルタントなどの業界で働く際に磨いておくべき英語

 
三菱商事や伊藤忠商事といった商社やマッキンゼー・アンド・カンパニーや日本総合研究所といったコンサルティング企業で働く上で欠かせないスキルの一つが英語になります。今回は、商社・コンサルタントなどの業界で働く際に磨いておくべき英語についてお伝えします。
 

英語を必要とする業界

 
英語を絶対的に使うという業界があります。
商社やコンサルタントといったグローバルな活躍が求められる企業では、高い英語力が求められることになります。この他にも、ホテルスタッフや通訳者に教員など数多くの業種で英語力が必要となるケースが存在します。
 
学生の中には、このような英語を使う職業に就きたいと考えている方も多いと思います。
ただし、これらの業界で扱う英語力は英語4技能が備わっていなければならない可能性が高いため、しっかりと英語力を伸ばしておかなければなりません。
 
例えば、商社であれば海外への出張や海外支社への赴任といった海外生活を任せられることも多く、海外での取引を成立させるためには、専門的な知識や商談を英語で熟せなければなりません。
このような、英語を多用しなければならない仕事などは、しっかりと自身の能力と照らし合わせて就職することも大切なのです。
 

磨いておくべき英語能力

 
英語を多用する業界の多くは、収入が良いなどのメリットが取り沙汰されますが、それは、能力に見合った成果を上げることで企業が評価してくれるからこそ、収入などが良くなるのです。
 
評価が低ければ収入アップなどには当然ですが繋がりません。まして、仕事ができなければ居づらくなるなど退職を考えなければならないといった事も少なくはありません。
 
そういった状況に陥らないためにも、しっかりと企業で必要となる能力を学生時代から伸ばしておくべきだと言えます。英語力などは、実際にどのレベルがあれば良いのか分からないという学生は多いと思います。
 
企業の採用ページなどには、TOEICスコア700点以上など記載がされているけれど、実際に職場で必要となる英語力はさらに高いレベルの物が求められる傾向があるので、本当に必要な能力をというのを知っておくべきでもあります。
 
学生は、インターンシップを活用することで企業や業界で必要となる英語力などを図ることが出来ますので、知らないで済ませるのではなく、抜かりなく準備を整えておくべきだと言えます。その擦り合わせをしておくことで、就職前に準備を整えることも可能となるでしょう。
 

まとめ

 
グローバル化が進む現代において、英語を使った仕事に就き活躍したいと考える学生は増えています。しかし、その意思とは裏腹に、就職後に自身の英語力が低くて後悔する学生も少なくはありません。
そうした失敗をしないためにも、インターンシップなどの制度を利用して求められる能力を把握することは大事です。そこで知った情報を活かし、足らない能力を伸ばすことが重要なのです。英語を使うことが前提の企業への就職は、就職後に苦労するのではなく、就職前に対応できる様にしておくことが好ましいのです。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約