英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

商社や外資などで働きたくてもラクに英語を習得する方法はない!

2022/08/02

商社や外資などで働きたくてもラクに英語を習得する方法はない!

 
高収入を得られるといった印象の強い商社や外資系企業で働きたいと考えている学生はすくなくはありません。しかし、これらの企業では英語力が仕事で重要となるスキルとなりますが、なかなか習得まで至らないというケースが多いのです。今回は、商社や外資などで働きたくてもラクに英語を習得する方法はない!についてお伝えします。
 

英語習得に近道はない理由

 
商社や外資系など英語が必要不可欠で高収入が見込める企業は、人気の高い就職先の筆頭です。ですが、これらの企業に採用されるためには、英語力を高めることが大事になります。
 
採用試験で英語が出題されますが、実際に採用され働き始めると、採用試験のレベルより高度な英語力が必要となるといったケースは非常に多く、勉強のし直しが余儀なくされることが多いのです。
 
そして、簡単に英語力を上げられる方法はないかと、CDを聴くだけで英語が聞き取れるようになるフレーズを覚えるだけで英語習得など、手っ取り早く英語力が高められると考えられる教材などに手を出す方も少なくありません。
 
しかし、これらの方法では英語習得には至らない傾向が強く、挫折してしまう方も大勢います。そうして、英語が使えないことで企業に居づらくなり退職するといった人も少なくありません。英語習得に近道はないのです。まず、その事をキチンと把握しておく必要があるでしょう。
 

英語習得するための英語学習

 
単語量が足らないから相手の英語を理解できない、英文法を理解できていないから英語を組み立てられない。こういった悩みを抱えている学生は大勢います。
 
英語と言う語学には、ルールが存在します。日本語とは全く違うルールです。
このルールを理解せずに、単語量を増やしたり英文法を一生懸命覚えても、英語の構造や規則を理解できずにいれば、いつまでたっても英語の使い方を明確にすることができません。
 
インプット量が増えても、アウトプット方法が分からないでは意味がないので、インプットからアウトプットへ繋げるルールを先ずはしっかりと理解することが英語学習において最も重要なポイントです。
 
そうして、自身で英語構築が出来る能力が養われて初めて、英会話などのステップアップが踏めるのです。基礎力を御座なりにした勉強ではなく、基礎・土台を組み立てられる様にすることから始めていきましょう。
 

まとめ

 
英語力が必要となる様な仕事は年々増えています。就職活動を控えている学生にとっても自身をアピールするスキルとして英語力は重要です。しかし、習得に至るまでの道のりは短時間で変えられるほど容易くありません。基礎の理解が低ければいくらインプット量を増やしたところで、組み立てられないなど総合力のある英語力は養えませんので、英語の根幹から鍛えていきましょう。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約