英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

戦略コンサルファームのL.E.K.コンサルティングで必要な英語

2022/08/02

戦略コンサルファームのL.E.K.コンサルティングで必要な英語

 
イギリス・ロンドンに本社を構えるL.E.K.コンサルティングは、戦略系コンサルティングファームとして有名な地位にあります。日本にも支社を構える外資系のコンサルティング企業として実績を残しています。今回は、戦略コンサルファームのL.E.K.コンサルティングで必要な英語についてお伝えします。
 

L.E.K.コンサルティングについて

 
L.E.K.コンサルティングは、1983年にイギリス・ロンドンで設立されたコンサルティングファームです。世界10ヶ国以上に20拠点を展開しています。
 
企業戦略、事業戦略、M&A、マーケティング及び営業戦略といった事業を主体とし、M&Aの分野に強いことで知られている企業です。
 
2002年に東京オフィスが開設され、国内企業または日本に関心のある海外企業をクライアントに幅広いコンサルティングサービスを提供しています。
 
また、米国の就職情報サイトVault.comが発表している「Vault Consulting 50」では、9位にランキングされており、豊富な人材と業界知見に経験を活用したサービスを提供していることもあり、日本でも注目されているコンサルティングファームの一つです。
 

L.E.K.コンサルティングで必要な英語

 
世界各国のL.E.K.オフィスと連携しながら国内外の多くのクライアント企業に対して戦略コンサルティングサービスを提供する事になるため、高い英語力が求められる企業となります。
 
また、経験豊富なバイリンガルのコンサルタントで構成されている企業ですので、就職して自身の成長にも繋がる企業と考えられますので、グローバルな仕事に就きたいと考えている学生にとってはやりがいを感じられることでしょう。
 
ただし、英語力に関して言えば、非常に高いレベルでの能力が求められることが予測されます。海外への出張や駐在といったケースや国外のクライアントの対応となれば、英語などの語学力が求められることになるので、学生時代からしっかりと伸ばしておくことが重要です。
 
LIBERTYでは、母国語を英語とする教養あるエリート層が操る本格的な英語をマスターするためのカリキュラムを組んでいます。グラマーテーブルを軸としたメソッドで、英語の構造や規則を理解することにより、英語の核が強化され英語総合力が向上します。
ご興味がある方は、ぜひ無料カウンセリングへお越しください。
 

まとめ

 
L.E.K.コンサルティングでコンサルタントとして働きたいと考えている学生は、専門性の高い知識を養う事も大切です。そして、クライアントや世界各国のL.E.K.オフィスと連携する際には、高いレベルのコミュニケーションスキル・語学力が求められることになりますので、しっかりと自身の語学レベルを高めることが重要です。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約