英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

戦略系コンサルティングのローランド・ベルガーで重要な英語

2022/08/02

戦略系コンサルティングのローランド・ベルガーで重要な英語

 
ドイツのミュンヘンに本社を置くローランド・ベルガーは、EU圏でも有名な戦略系コンサルティングファームです。日本にも進出している外資系コンサルティン企業となります。今回は、戦略系コンサルティングのローランド・ベルガーで重要な英語についてお伝えします。
 

ローランド・ベルガーについて

 
1967年に設立されたローランド・ベルガーは、消費財・自動車製造業、再生エネルギー・医薬・化学・金融・流通・運輸・ITなど幅広い業界のクライアントを抱えるヨーロッパ圏で影響を持つ戦略系コンサルティングファームです。
 
アメリカのコンサルタントファームと異なるカルチャーを持っており、事業のアプローチが違って長期的な視点での成長を志向するなど、アメリカの手法とは違うコンサルティングの在り方を学べるとされています。
 
1991年には、日本に進出しており、100人ものコンサルタントを擁する企業へと成長しています。クライアントからの要望も高いことや海外案件を取り扱うことも多いので、経験や知識を積み上げる事が可能な企業です。やりがいを感じながら働きたいというかたにはぴったりな企業となるでしょう。
 

ローランド・ベルガーで重要な英語

 
外資系コンサルティングファームでは、海外案件を取り扱うことが多いことや海外への出張や赴任といった業務を依頼されることもあるため、英語力は重要となります。
 
クライアントが外国人であったり、海外支社の社員とプロジェクトを進めることになると、コミュニケーションを取るには英語を活用しなければなりません。従って英語力が低いと業務に支障をきたすほか、自身の仕事幅を狭めてしまう恐れがあり、昇進や昇給といった面でも評価してもらえない可能性があるので、語学力アップは図って損はありません。
 
LIBERTYでは、母国語を英語とする教養あるエリート層が操る完璧な英語をマスターするためのカリキュラムを組んでいます。グラマーテーブルを軸としたメソッドで、英語の構造や規則を理解することにより、英語総合力を養うことができます。ご興味がある方は、ぜひ無料カウンセリングへお越しください。
 

まとめ

 
ローランド・ベルガーは、ドイツ発のコンサルティングファームです。ヨーロッパ圏で業績を伸ばす企業ですので、アメリカのコンサルティングファームとはまた違った働き方を感じられることでしょう。ただし、外資系という事もありグローバル案件の仕事が多いので、海外文化への理解や高い語学力が求められる職場ですので、しっかりと自身の能力を磨き挑戦しなければ成果をあげられません。学生時代から自身に何が必要か考え語学力アップなどに励んでいきましょう。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約