英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

大手や外資系で成果を残すコンサルタントに必要な英語能力

2022/08/02

大手や外資系で成果を残すコンサルタントに必要な英語能力

 
近年、企業の間ではコンサルタントに依頼して経営戦略やM&Aといった事業をサポートしてもらうケースは増えています。高収入を得られる仕事としても注目を集めるコンサルタントに求められる英語力は非常に重要な要素となります。今回は、大手や外資系で成果を残すコンサルタントに必要な英語能力についてお伝えします。
 

コンサルタントに必要な能力

 
国内・海外問わず大手・外資などの多くのコンサルティング企業が世界にはあります。
たとえば、野村総合研究所や三菱UFJ リサーチ&コンサルティングといった国内大手のコンサルティング会社、外資系のマッキンゼー・アンド・カンパニーにデロイト・トーマツ・コンサルティングなどのコンサルティングファームは多くの企業が契約し、自社の経営戦略やM&Aなど様々なシーンで助力してもらっていることでしょう。
 
コンサルティングファームごとに強みがありますが、クライアントも自動車・産業機械、医療、エネルギー・化学、メディア、情報通信・ハイテク、金融サービス、防衛・国家安全保障など、多岐にわたった事業からの相談を受けることにもなるため、スペシャリストが求められる業種となります。
 
コンサルタントに必要な能力としては、専門性のある分野の知識を養うことも大事ですし、解決策を提案・実行することでもあります。そして、国内外のクライアントの要望に沿う結果を残さなければいけません。従って、プロジェクトごとに成長が求められることにもなるのです。
 

コンサルタントに必要な英語能力

 
コンサルタントという職業は、海外視察や海外調査といったことから、海外本社や支社への出張に赴任といった海外での生活を余儀なくされるケースもあります。また、クライアントが海外企業であれば英語でのコミュニケーションが通常になるのです。
そして、国内のコンサルティング企業であっても、社員に外国人がいることも多いですので、英語能力はネイティブレベルや流暢に英語を操れなければなりません。
 
そのため、コンサルタントとして活躍したいと考えている学生にとっては、最初のハードルとなるのが英語力アップです。また、中途採用も多い業種ですので、英語力が低ければ採用される可能性も低くなるので、しっかりと語学力向上に努めることをおすすめします。
 
LIBERTYでは、母国語を英語とする教養あるエリート層が操る本格的な英語を習得するためのカリキュラムを組んでいます。グラマーテーブルを軸としたメソッドで、英語の核となる構造や規則を理解することにより、英語総合力を向上させることが出来ます。
ご興味がある方は、ぜひ無料カウンセリングへお越しください。
 

まとめ

 
コンサルタントは激務となるプロジェクトなどもあることから、高収入の業種としても有名ですが、グローバルな仕事となるため、やりがいを感じられる職業だと言えるでしょう。国際的な仕事に就きたいと考えている学生や社会人の方は、しっかりと語学力を伸ばし挑戦していきましょう。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約