英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

日立製作所100%出資の日立コンサルティングで必要な英語

2022/08/02

日立製作所100%出資の日立コンサルティングで必要な英語

 
日本の総合電機メーカーの日立製作所といえば、大手電気メーカーとして就活生からも人気の高い企業です。そんな大手電機メーカーが設立した日立コンサルティングは、日立グループのテクノロジーを結集したコンサルティングファームです。今回は、日立製作所100%出資の日立コンサルティングで必要な英語についてお伝えします。
 

日立コンサルティングについて

 
日立製作所100%出資の日立コンサルティングは、日立グループが培ってきた「人財・知財・商財」を活用したコンサルティングを行い、さまざまな企業をサポートしています。
 
事業内容は、事業戦略立案、事業再生、新規事業創生、業務変革、組織や人の変革といった経営戦略から、EPM、CRM、SCM、HRMなどのITソリューションといったサービスを提供する総合コンサルティングファームとなります。
 
そして、グローバルビジネスを支援することも後押しています。
ASEAN・北米・欧州を中心に、業種・業界、国・地域を問わず、必要に応じて日立グループの海外拠点やパートナーなどと連携しながら、日系企業の海外展開を支援するといったサービス展開も行っているため、国際的な仕事に就きたいと考えている学生からも注目を集める企業です。
 
参照:日立コンサルティング 事業内容
 

日立コンサルティングで必要な英語

 
日立コンサルティングには、グローバル・ビジネスコンサルティング事業部などの国際舞台を念頭に置いたビジネス展開も行っているため、英語などの語学力が必要とされる企業です。
 
日立製作所をはじめ、研修システムがしっかりとしており、社内TOEICの実施など学習環境を提供しています。そのため、学習する方であれば成長を目指せる企業でもあるのですが、語学に関して言えば1日2日で能力を向上させることは困難となりますし、海外出張や海外赴任といったことを依頼されてから勉強を始めるのは遅いので、しっかりと準備しておくべきだと言えます。
 
従って、学生時代からしっかりと英語力アップに努める学習に向き合うことをおすすめします。日立コンサルティングなどコンサルタント企業で働く際には、高い語学力を求められる傾向にありますので、使える英語力を身に付けていくことが好ましいです。
 

まとめ

 
国際社会で企業の活躍を後押しするコンサルタントという職業は、やりがいを感じながら様々な分野に精通していくスペシャリスト。そして、日本の企業として日立コンサルティングもコンサルタントという業界で実績を積み上げてきている企業です。自身の成長や海外での成果を上げたいと考えている学生におすすめの就職先の一つと考えられます。
また、専門的な知識だけではなく語学力も必要となる業種ですので、しっかりと学生時代から英語力アップに励むことが大切です。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約