英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

俳優・声優・歌手などエンターテインメントでも大事な英語

2022/08/02

俳優・声優・歌手などエンターテインメントでも大事な英語

 
テレビやYouTubeなどの映像メディアや雑誌などに写る有名人にとっての語学力というのは、自身をアピールする上で武器にもなります。今回は、俳優・声優・歌手などエンターテインメントでも大事な英語についてお伝えします。
 

エンターテイメントの幅を広げる英語

 
日本国内での市場は、アメリカなど世界を見渡した時には非常に狭いニーズやユーザーしか取り込む事が出来ません。日本のエンターテイメントの市場価値は約10兆円とされています。しかし、世界のエンターテイメントの市場規模は約120兆円と試算されているのです。約10倍以上もの違いがあります。
 
仮に、日本のみならず世界でも活躍することの出来る能力があれば、芸能プロダクションにとってもタレントにとってもメリットは大きいと言えるでしょう。
日本人のタレントの知名度と言えば、日本でも大活躍していても海外では、名前すら知られていないと言うケースが多いのです。
 
それでも、世界の北野と呼ばれる北野武さんであったり、ハリウッド映画に出演した渡辺謙さんは映画界でも名が知られているケースは少なくもないでしょうが、アメリカであればMLBで活躍する大谷翔平選手であったり、プロテニスプレーヤーの大阪なおみ選手といった人物などスポーツ選手の方が多く知れ渡っていることでしょう。
 
また、海外で成果を上げるためには実力も大事です。しかし、人種の壁に阻まれているというよりも、言葉の壁に阻まれているといったケースが多く、英語を話せない日本人が海外では不利であるといった見方もされているのが、エンターテイメントビジネスにおける日本の立ち位置でもあります。
 

英語を学ぶべき理由

 
エンターテイメント業界でも、海外進出を目論むケースは少なくはありません。
ジャパンアニメーションを押し出し、成功をおさめた様に日本のアニメを海外の多くの人が目にする機会が増えたのも事実です。
 
しかし、このアニメーションの吹き替えは、日本人の声優ではなく、海外の声優が行うといったケースが大半です。作品への想いを考えると、吹き替えも声優本人が行いたいと考えることでしょうし、仕事の幅を広げるためにも語学力が高くなれば、さらなる魅力を世界に届けられることに違いありません。
 
また、そうすることで世界規模の作品に携われるようになり、自身の知名度や収入も跳ね上がると考えると、語学一つマスターすれば、さらなる飛躍・大きな挑戦に繋がるのではないでしょうか。
 

まとめ

 
エンタメ業界は、国内市場で価値を見出していますが、世界で躍進することができれば更なる収益を齎すことも可能です。しかし、そこには大きな壁として言葉の違いがあります。
英語という言語の持つ力は、世界と繋がれるツールとなるため、俳優・声優・歌手などの演者にとっても高い英語力を持つことで芸の幅やビジネスプランも広がることでしょう。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約