英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

負けるな新社会人!英語やスキル不足を補うための勉強について

2022/08/02

負けるな新社会人!英語やスキル不足を補うための勉強について

 
新社会人にとって、研修期間と言う学習期間が終わると部署ごとに配属先が決定します。そして、そこから実務に挑戦することになりますが、研修と実務の違いに付いて行けない方も少なからずいます。今回は、負けるな新社会人!英語やスキル不足を補うための勉強についてお伝えします。
 

新社会人が躓きがちになる要素

 
新社会人にとって社会に出て働くことは、今までの学校生活とは違い、責任がつきまといプレッシャーを感じる事が多くなります。
 
所属した企業では、研修期間に業務に必要な知識などを学び、配属先が決定すると、そこからは、他の先輩社員と同じように業務を熟していくことになります。しかし、研修でいくら学んだと言えど、研修と実践では些細な対応でさえ上手くいかないことも起こります。
 
電話対応での言葉遣いやメモ書きを残すといった簡単そうに思えていたことでさえ、自身の能力不足により、お客さまを不快にさせてしまったり、先輩や上席に叱責されることもあるでしょう。しかし、その失敗から成長していくのも新入社員の仕事です。
失敗しない方が良いに決まっていますが、イレギュラーだってありますし、知らずに間違っていることをしてしまう事もあるのですから、そこは、次に活かそうと努力すれば良いと言えるでしょう。
 

英語やスキル不足を補うための勉強について

 
仕事を始めてみると自身に足らないスキルなどが浮き彫りになってきます。
英語を多用する部署であれば、英語での電話応対やメールの返信など些細な対応であっても、英語が聞き取れずパニックになってしまったり、メール一通読み解くまで時間を凄く掛けてしまうなど、業務効率が悪く仕事が進まないケースも生まれます。
 
しかし、英語力を伸ばそうにも、日常業務が忙しくて残業続きなどになれば、自身の勉強時間を持つことも難しくなります。そういった場合は、隙間時間の活用と休日の使い方で対処するしかありません。英語などの語学学習も基礎力を底上げすることは短期集中で行えますが、スピーキングの発音などを矯正しようとすれば時間が掛ります。まずは、相手に間違いなく伝わる英語力を養い、発音やスピードなどの悩みを解決していくといった順追ってレベルを上げていくしかありません。
 
まだ、就職前の学生は、英語などのスキルアップを図るのであれば、早くから取り組むことをおすすめします。社会人になると学習時間などを作るのが難しくもなりますので、自身の将来性を考えて早急に対処することが大事なのです。
 

まとめ

 
社会人になると学生時代程、手取り足取り教えてくれる環境というのは少なくなります。
自身で考え行動に移さなければならないので、要領よく考え動くことが求められます。しかし、それでも能力やスキルが足りていなければ働くことが辛く感じてしまう事もあるのです。それをどう補うのかが大事であり、上手に能力アップに繋げなければストレスで退職などを考えることにもなるでしょう。そうしないためにも、時間の使い方や学ぶ環境選び等と向き合っていくことが大切になります。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約