英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

離職しても次につながるために大切なことは?英語習得のすすめ

2022/08/02

離職しても次につながるために大切なことは?英語習得のすすめ

 
新社会人として働き始め企業に抱いていた夢や想いが違うということは起こりうることだと思います。そのまま働き続けるのが困難となり離職する方も少なくはありません。今回は、離職しても次につながるために大切なことは?英語習得のすすめについてお伝えします。
 

離職しても次につながるために大切なことは?

 
現代社会で企業に就職して生涯終身雇用で退職する人の割合は、非常に少なくなってきているとされています。1度や2度の転職を繰り返すといった方が増えてきています。
 
良い企業に就職して一度も離職せず職務を全うできることは素晴らしいことだと思います。これは、仕事内容や企業の待遇も良いからこそ成し遂げられることでもあるため、一社に帰属し全うできることは良いことでしょう。
 
しかし、そうも言えないという方は少なくはありません。
高卒で4割、大卒で3割の方が、新卒から3年以内に離職するという統計が厚生労働省より発表されているので、2社3社と転職する方がいるという事になるのです。
 
この転職が問題あるという訳ではありませんが、次の企業に転職しても同じ過ちを繰り返すようなことがあれば、給与面や待遇が上がることもなく生活が苦しく感じる事もあるでしょう。従って、離職しても次につなげることが大事になります。
 
例えば、技術面を実践で伸ばすや英語習得し実践で使えるぐらいにまで伸ばしておくなど、離職後も現代社会で必要価値の高い人材へ成長することが重要なのです。
 

離職後に足らない能力を養うことの重要性

 
働いてみてギャップを感じることはあります。そのギャップにより離職を選択する方も少なくはないと思います。
例えば、英語を使う仕事に付いたけれど、自身の英語力が足らず仕事で貢献できず、気まずくて退職を選ぶというケースもあります。そういった際には、自身の足らない能力を伸ばし、再挑戦するといった方法もありです。
 
なぜなら、同じ企業に再就職できないとしても、同じ業界の別企業に就職できるだけの経験を持って語学力も養われていれば、成功する可能性が高いと判断され採用されるチャンスはあり得るのです。
 
そのため、離職後に何をするかを明確にし、自身の能力アップに励むことが重要です。
これは、キャリア転身やキャリアアップを考えている方には大切なことですので、自身の人生に役立つ時間の活用を行いましょう。
 

まとめ

 
社会人として企業は、自身を評価してもらう場でもあり、評価されることで収入や昇進などのキャリアを築き人生を豊かにすることも出来るでしょう。
しかし、企業で成果を上げられないや、思っていた仕事とは違ったなどの状況により離職を選ぶ方も少なくはありません。そういった際には、次の就職先を探すことにもなりますが、自身の成長なくしてキャリア転身やキャリアアップは図れませんので、やりたいを成し遂げるための能力アップにも挑戦していきましょう。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約