英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

HONDAが英語の重要性の潮目を変えた?日本人に必要な英語

2022/09/01

HONDAが英語の重要性の潮目を変えた?日本人に必要な英語

 
現代社会においてユニクロや楽天など社内公用語を英語とする企業が増えています。しかし、そこに待ったを掛けたのが自動車メーカーのHONDAだったのですが、その考えにも変化が起こりました。今回は、HONDAが英語の重要性の潮目を変えた?日本人に必要な英語についてお伝えします。
 

HONDAが英語の重要性の潮目を変えた?

 
2010年代より、企業の中にはグローバル化が押し進み、日本人の英語能力の向上を求める傾向が強まりました。例えば、株式会社ファーストリテイリング(ユニクロ)や株式会社楽天に資生堂など数多くの企業が、社内公用語を英語とする試みに挑戦するといった発表が目立つようになりました。
 
しかし、その中で大手自動車メーカーのHONDAの当時社長であった伊東孝紳氏が、「日本人が集まる日本で英語を使うなんて、そんなバカな話はない」といった内容の発言があり、日本人に英語は不要と言った印象を持つ企業や社会人も多かったことでしょう。
 
ですが、それから五年後の2015年にHONDAは「2020年を目標に社内の公用語を英語にする」と発表し、国内の英語公用語化に対する潮目が変わったとされているのです。
そして、現在では人材に求めるスキルとして使える英語力を挙げる企業も増えています。
 

日本人に必要な英語能力

 
国際的な活動をする企業が増えたことで、英語の重要性は年々増していると言えます。
日本での生活上では英語の重要度は高まっている様には感じませんが、ビジネスシーンで考えると、英語を多用する機会は多いのです。
 
これは、社会人が就職後に苦労するといったケースが増えていることや、英語力があった方が業務上で効率よく作業を進められるや、昇進などにも影響するため、身に付けたいと考えられているスキルの上位に挙げられています。
 
また、TOEICのスコアアップなどの民間英語試験で結果を残すだけでなく、外国人と商談や交渉にコミュニケーションを図れる英語総合力が養われていなければ意味がないといった、ひと昔前よりも高いレベルの英語力が求められているので、英語への苦手意識を持っている状況では到達できないものなのです。
 
従って、暗記学習だけで、到達することはできない境地となり、苦手意識を克服し英語力を伸ばすための学習に臨まなければならなくなっています。
 
LIBERTYでは、母国語を英語とする教養あるエリート層が操る本格的な英語を習得するためのカリキュラムを組んでいます。ご興味がある方は、ぜひ無料カウンセリングへお越しください。
 

まとめ

 
2010年頃から日本でも国際ビジネスの影響を考える様になってきました。当時では、まだ海外を意識することは必要ないとする企業も多かったのですが、そこから5年後にはその印象は間違いであったと考える企業も増えました。そして、現在では英語がなければ、就職できない企業や業務が進まないといったケースが増えています。
使える英語力でなければならないといった、求められるレベルも高いので、しっかりと英語力を伸ばしていかなければならない時代となったことを知り、英語力を成長させていきましょう。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約