英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

TOEFLのスコアを利用した亜細亜大学への編入について

2022/09/01

TOEFLのスコアを利用した亜細亜大学への編入について

 
日本の大学の中には、一部の学部で編入生の受け入れを行なっている学校もあり、毎年社会人などが編入試験を受けています。
そこで、今回はTOEFLのスコアを利用した亜細亜大学の編入制度について取り上げてみたいと思います。
 

アジアからグローバルへ

 
アジア大学は東京都武蔵野市に本部キャンパスを構えている私立大学です。
昨今の国際社会のグローバル化に伴い、亜細亜大学では国籍や文化、言語の壁を超えて国内のみならず海外でも活躍することができるグローバル人材の育成を目指しています。
日本とは異なる価値観や習慣の異なる人々と強調し、また将来のキャリア形成のためにも海外留学、国際交流を進めているのが亜細亜大学の特徴です。
 
例えば、海外留学は学生の目的に応じた留学、海外研修制度が用意されており、毎年多くの亜細亜大学生が海外で経験を積んでいます。都市創造学部ではアメリカや中国などへの半年の留学が必修科されており、留学先では語学研修のみならずインターンシップが行われより実践的なビジネスの場を経験することが可能です。
 
亜細亜大学のキャンパス内でも様々な国際交流事業が行われており、こうした事業を通して海外留学に興味関心を持つ学生も多いとのこと。
 

ボーダーラインとなるTOEFLのスコア

 
亜細亜大学では経営学部や法学部などで2、3年次の編入生の受け入れを行なっています。
出願条件は2年次と3年次で一部異なっているところもありますが、どちらも英語の能力を証明するためにTOEFLなど、亜細亜大学側が指定する英語の外部試験のスコアを提出する必要があります。編入試験を受けるためのボーダーラインは特に設けられていませんが、TOEFLの平均スコアである72点を取得することができれば問題はないでしょう。
 
LIBERTYでは、グラマーテーブルと呼ばれる独自の教育メソッドを用いた英語教育を行なっています。体系化された英語本来のルールを学ぶことで英語に対する根幹的な理解力を養い、短期間で効率的に英語の運用能力を向上させることが可能です。
 

まとめ

 
以上、TOEFLのスコアを利用した亜細亜大学への編入について取り上げてみました。
大学への編入のみならず、将来海外留学をする際にもTOEFLのスコアは必ず必要になるので、留学をしたい人は今からキチンとTOEFLの対策をして、留学に必要なスコアを取得できるように頑張りましょう。
TOEFLの受験に不安を抱えている場合は、LIBERTYでTOEFL専用の対策コースを受講することが可能なので、ぜひ受講してみてください。
 
参照:亜細亜大学 編入学試験
https://www.asia-u.ac.jp
https://www.asia-u.ac.jp/admissions/transfer/

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約