英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

TOEFLのスコアを利用した茨城大学への編入について

2022/09/01

TOEFLのスコアを利用した茨城大学への編入について

 
日本の国立大学は旧帝大をはじめ、長い歴史を有している大学が数多くあります。
そこで、今回はその中から茨城大学について、簡単な大学の紹介とそこで行われているTOEFLを利用した編入制度について紹介したいと思います。
 

名門藩校を起源とする名門国立大学

 
茨城大学はその名の通り茨城県水戸市に本部キャンパスを構えている国立大学で、その前身は徳川御三家水戸藩の名門藩校である弘道館です。水戸大学が設立されたのは1949年のことですが、藩校の開館から数えると160年以上の歴史を誇ります。
 
茨城大学は様々な分野で実績を残していますが、代表的なのは小惑星探査機はやぶさにまつわるプロジェクトへの参加でしょう。同プロジェクトを通して世界で初めて小惑星から物質を持ち帰ることに成功した茨城大学は、日本政府の宇宙開発戦略本部、及び文部科学省からプロジェクトに関わった他の機関と共に表彰を受けています。宇宙開発分野はアメリカやロシア、ここ数年は経済発展が目覚ましい中国などがリードしていますが、茨城大学も積極的な研究を行なっています。
 
また、近年の国際社会のグローバル化に伴い各校が国際交流を進めているように、茨城大学でも22の国と地域にある66の大学、研究機関と交流協定を結び、交換留学や共同研究を通してグローバル水準の取り組みを進めています。
 

ボーダーラインとなるTOEFLのスコア

 
茨城大学では一部の学部で若干名ながら編入生を募集しています。
編入試験を受ける場合はTOEFLやTOEICなど、大学側から指定された英語の資格、試験のスコアの提出が義務付けられており、このスコアは編入試験で英語の筆記試験を行わない代わりに受験者の英語の持ち点となります。特に足切りのボーダーラインは設けられていませんが、高いスコアを記録できるに越したことはありません。
 
LIBERTYでは、グラマーテーブルと呼ばれる独自の教育メソッドを用いた英語教育を行なっています。体系化された英語本来のルールを学ぶことで英語に対する根幹的な理解力を養い、短期間で効率的に英語運用能力を養うことが可能です。
 

まとめ

 
以上、TOEFLのスコアを利用した茨城大学への編入について取り上げてみました。
編入試験に限らず、TOEFLのスコアは将来海外の大学や大学院へ進む場合にも必要になります。受験する場合は、しっかりと準備をして試験に臨みましょう。
ちなみに、LIBERTYではTOEFLの試験に特化した対策コースも用意されているので、試験対策に不安のある方はぜひ受講してみてください。
 
参照:茨城大学
https://www.ibaraki.ac.jp

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約