英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

TOEFLのスコアを利用した宇都宮大学への編入について

2022/09/01

TOEFLのスコアを利用した宇都宮大学への編入について

 
新型コロナの影響で生活様式が変化して久しいですが、在宅勤務が基本スタイルとなった社会人の中には大学などへ入り、勉強をやり直す人も増えています。
そこで、今回は宇都宮大学のTOEFLを利用した編入制度について紹介したいと思います。
 

企業からの好感度が高い国立大学

 
宇都宮大学は1949年に創設された総合大学で、その名の通り栃木県の県庁所在地である宇都宮に本部キャンパスを置いている国立大学です。
宇都宮大学には現在5つの学部が存在しているのですが、学部同士の交流が盛んに行われているのが特徴です。教員も学生3人に対して1人の割合で大学に在籍しており、学生一人一人に対してきめ細やかな教育が行われています。
 
そして宇都宮大学の紹介をする上で言及したいのが圧倒的な就職率の良さです。宇都宮大学の教育プログラムは非常に充実しており、各学部で行われている専門教育によって高度な専門知識を身につけた宇都宮大学の学生は企業からの評判も高く、採用を増やしたい大学ランキングでも3位に入るほど。
 
ロボット工学やバイオサイエンスに関する研究が行える施設も揃っており、勉強や研究に集中しやすい環境が整っています。大学の立地も都心に近く、就職活動を行いやすいのも宇都宮大学の強みです。
 

ボーダーラインとなるTOEFLのスコア

 
宇都宮大学では一部の学部で若干名ですが編入生の募集を行なっています。
編入試験を受けるための条件はいくつかありますが、その中にはTOEFLやTOEICなど、大学側から指定された英語の資格試験のスコアの提出というものもあります。
 
編入試験を受けるためのボーダーラインは学部ごとに異なっており、国際学部ではTOEFLで53点以上を取得していることが条件となっています。基本的にTOEFLは高校卒業程度の英語力を有していれば問題なく60点以上は取れるので、あまり心配しすぎないようにしましょう。
 
LIBERTYでは、グラマーテーブルと呼ばれる独自の教育メソッドを用いた英語教育を行なっています。体系化された英語本来のルールを学ぶことで英語に対する根幹的な理解力を養い、短期間で効率的に英語運用能力を養うことが可能です。
 

まとめ

 
以上、TOEFLのスコアを利用した宇都宮大学への編入について取り上げてみました。
宇都宮大学はここ数年評価を伸ばしている大学の一つです。編入試験を受ける場合はTOEFLのスコアだけでなく、できる限りの対策をして試験に臨みましょう。
また、LIBERTYではTOEFLの試験に特化した対策コースも用意されているので、試験対策に不安のある方はぜひ受講してみてください。
 
参照:宇都宮大学
https://www.utsunomiya-u.ac.jp

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約