英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

TOEFLのスコアを利用した岩手大学への編入について

2022/09/01

TOEFLのスコアを利用した岩手大学への編入について

 
コロナの影響でリモートワークが広く普及した結果、空いた時間を利用するために大学へ入り直す人が社会人でも増えているそうです。
そこで、今回は大学の中から岩手大学の簡単な紹介と、TOEFLを利用した編入制度について紹介したいと思います。
 

宮沢賢治の母校

 
岩手大学は1949年に創設された大学で、名前からもわかる通り岩手県の盛岡市に本部キャンパスを構えている国立大学です。
 
国立旧一校の中では珍しく医学部を有していない大学ですが、農学部に獣医師養成の過程を有しているので、県内外から獣医師を志望している学生が数多く集まっています。ちなみに、この農学部のOBには「銀河鉄道の夜」や「注文の多い料理店」などの児童文学作品を数多く発表している宮沢賢治がいます。
 
近年の岩手大学は国際社会のグローバル化に伴い国際交流やグローバル教育にも力を入れており、日本国内のみならず国際社会でも活躍できるグローバル人材の育成、輩出を目指しています。そのために現在国際社会で共通語として使用されている英語はもちろん、アジアを中心に存在感を増している世界第2位の経済大国である中国の公用語である中国語の教育を積極的に行なっているそうです。
 

ボーダーラインとなるTOEFLのスコア

 
岩手大学では理工学部などの一部の学部で、若干名ですが編入生の募集を行なっています。
編入試験を受けるための条件はいくつかありますが、その中にはTOEFLやTOEICなど、大学側から指定された英語の資格試験の受験から2年以内に取得したスコアの提出というものがあります。
 
学部によっては編入試験を受けるためのボーダーラインが設けられており、人文社会学部ではTOEFLのスコアが48点を下回った場合編入試験を受けることができません。ただ、高校卒業程度の英語力があればTOEFLで60点以上のスコアは必ず取れるので、あまり心配しすぎないでください。
 
LIBERTYでは、グラマーテーブルと呼ばれる独自の教育メソッドを用いた英語教育を行なっています。体系化された英語本来のルールを学ぶことで英語に対する根幹的な理解力を養い、短期間で効率的に英語運用能力を養うことが可能です。
 

まとめ

 
以上、TOEFLのスコアを利用した岩手大学への編入について取り上げてみました。
編入試験を受けるためのボーダーラインは決して高くはありませんですが、きちんとした勉強をしなければ取れる点数も取れない可能性もあるので、対策は必ずしましょう。
ちなみに、LIBERTYではTOEFLの試験に特化した対策コースも用意されているので、試験対策に不安のある方はぜひ受講してみてください。
 
参照:岩手大学
https://www.iwate-u.ac.jp
https://www.iwate-u.ac.jp/upload/images/R4_jin_hennnyuu_1.pdf

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約