英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

TOEFLのスコアを利用した岐阜大学への編入について

2022/09/01

TOEFLのスコアを利用した岐阜大学への編入について

 
日本国内では旧帝大に限らず国立大学は難関大学の象徴とされ、一般入試はもちろん編入試験を利用して国立大学を目指す人は少なくありません。
そこで、今回はその中から岐阜大学についてTOEFLを利用した編入制度を紹介したいと思います。
 

学び、究め、貢献する岐阜大学

 
岐阜大学は岐阜県に本部キャンパスを置く国立大学で、岐阜県内唯一の国立大学として知られています。
岐阜大学は洗練された教育の場を提供し、日本の未来を創造しうる豊かな教養を持った「学び、究め、貢献する」人材の輩出を使命としており、教育や研究の成果を地域社会に還元することで地域活性化の中核拠点となることも目指しています。
 
岐阜大学は全ての学部や研究科が一つのキャンパスに集まっており、分野や学年を問わない交流が可能な大学です。周辺環境も落ち着いており、勉強に集中するには最適な環境です。
 
そして、近年の国際社会のグローバル化に伴い、岐阜大学でも留学生の受け入れなどを通して国際交流を深めています。また、留学は専門分野の知識を増やすだけでなく、異文化に対する理解を深め自身の人間性や価値観を高める貴重なチャンスとし、様々な留学プログラムを利用して在校生を海外へ送り出しています。
 

ボーダーラインとなるTOEFLのスコア

 
岐阜大学では一部の学部で編入試験を行なっています。募集人数は決して多いわけではありませんが、編入試験を突破することで晴れて岐阜大学生の一員になることができます。
 
岐阜大学の編入試験を受けるためには一定以上の成績証明の提出などが求められていますが、その中にはTOEFLのスコアの提出というものがあります。特に編入試験を受けるためのボーダーラインは設けられていませんが、やはり日本人のTOEFLの平均点である72点以上のスコアはあったほうが良いでしょう。もし将来海外留学を考えているのであれば、進学先の幅を広げるためにも80点以上のスコアはあったほうが良いです。
 
LIBERTYでは、グラマーテーブルと呼ばれる独自の教育メソッドを用いた英語教育を行なっています。体系化された英語本来のルールを学ぶことで英語に対する根幹的な理解力を養い、短期間で効率的に英語運用能力を養うことが可能です。
 

まとめ

 
以上、TOEFLのスコアを利用した岐阜大学への編入について取り上げてみました。
LIBERTYではTOEFLの試験に特化した対策コースも用意されているので、試験対策に不安のある方はぜひ受講してみてください。
 
参照:岐阜大学
https://www.gifu-u.ac.jp
http://www.eng.gifu-u.ac.jp/file/6bdcc1debc2fb7d4becc7a6f3b7c916c.pdf

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約