英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

TOEFLのスコアを利用した金沢大学への編入について

2022/09/01

TOEFLのスコアを利用した金沢大学への編入について

 
昨今のコロナ禍の影響により在宅勤務が増えた影響で、社会人の中には編入制度を利用して大学へ入り直し、在宅勤務の空き時間を勉強に費やす人も増えています。
そこで、今回は金沢大学のTOEFLを利用した編入制度について紹介したいと思います。
 

旧六医科大学の一つ

 
金沢大学は石川県の県庁所在地である金沢市に本部キャンパスを構える国立大学です。
旧六医科大学と呼ばれる官立金沢医科大学が前身で、金沢大学には現在でも医学部が存在しており人気学部の一つとなっています。
 
金沢大学は研究、教育、そして経営について「あるべき姿」を掲げており、具体的には研究面では独創的な世界トップレベルの研究の展開による世界的研究拠点の形成、教育面では世界の中核的リーダーになれる金沢大学ブランド人材の輩出、そして経営面では持続可能で自律的な運営、経営の実現を目標にしています。
 
また、近年では国際化戦略にも注力しており、「地域と世界に開かれた教育重視の研究大学」を実現するためにグローバル人材の育成にも取り組んでいます。留学制度も充実しており、派遣留学制度を利用すると授業料を払うことなく先方の大学で3ヶ月から12ヶ月の留学をすることができます。もちろん、留学制度を利用するためには大学側の審査をクリアする必要があるので、ハードルは高めと言えるでしょう。
 

ボーダーラインとなるTOEFLのスコア

 
金沢大学では一部の学部で編入試験が行われています。募集人数は若干名なのでハードルは高いですが、金沢大学への編入を目指して毎年多くの学生、社会人が編入試験に挑んでいます。
 
金沢大学の編入試験を受けるためにはいくつかの条件をクリアしている必要がありますが、その中にはTOEFLのスコアの提出というものがあります。特に受験のボーダーラインは設けられていませんが、合格者の話によると合格最低ラインは75点らしく、70点代のスコアは編入試験では有利に働かないそうです。
 
LIBERTYでは、グラマーテーブルと呼ばれる独自の教育メソッドを用いた英語教育を行なっています。体系化された英語本来のルールを学ぶことで英語に対する根幹的な理解力を養い、短期間で効率的に英語運用能力を養うことが可能です。
 

まとめ

 
以上、TOEFLのスコアを利用した金沢大学への編入について取り上げてみました。
TOEFLのスコアは編入のみならず留学でも必要になることがあるので、受験をする際は真剣に取り組みましょう。
また、LIBERTYではTOEFLの試験に特化した対策コースも用意されているので、試験対策に不安のある方はぜひ受講してみてください。
 
参照:金沢大学
https://www.kanazawa-u.ac.jp
http://mhs3.mp.kanazawa-u.ac.jp/data/examination/2022/20220518_hennyuu_eigogaibuscore.pdf

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約