英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

TOEFLのスコアを利用した群馬大学への編入について

2022/09/01

TOEFLのスコアを利用した群馬大学への編入について

 
日本には旧帝大に限らず優秀な国立大学が数多くあり、地方にある国立大学にも地元の学生のみならず東京などの都市部からも学生が集まっています。
そこで、今回は群馬大学のTOEFLを利用した編入制度について紹介したいと思います。
 

医学部と学習環境に定評のある国立大学

 
群馬大学はその名の通り群馬県の前橋市に本部キャンパスを構えている国立大学です。
医学部は国内随一の優秀さで、毎年医師国家資格の合格率が90パーセントを超えており、医者を目指している人にとって魅力的な大学です。文系学部でもキャリアサポート体制がきちんと整っており、群馬大学のOB、OGは多くの分野で活躍しています。
 
群馬大学は立地が東京に近いこともあり東京から群馬大学に通う生徒も多い一方で、東京と異なり自然環境が豊かで落ち着いて勉強に集中できると評判です。また、研究機構などの大学施設も充実しているので、研究に集中したい人や専攻したい分野がある人にとってはこの上ない環境と言えるでしょう。
 
そして近年のグローバル化に伴いグローバル人材の育成にも力を注いでおり、群馬大学の学生に対して交換留学や短期研修プログラムなど、海外で専門分野を学ぶ機会を提供しています。
 
国際的な学術、学生交流の促進のために世界各国の大学や研究機関と提携も結んでおり、国際交流協定を結んでいる大学の中にはアメリカのワシントン大学や中国の復旦大学など、世界大学ランキングにも名前が載っている有名校が名を連ねています。
 

ボーダーラインとなるTOEFLのスコア

 
群馬大学では一部の学部で若干名ではありますが編入試験が行われており、編入試験を突破すると晴れて群馬大学へ編入することが可能です。
 
条件は学部によって少しずつ異なっていますが、情報学部では大学側が指定した英語の資格のスコアを提出することが求められています。提出したスコアが一定の点数を超えていない場合は編入試験そのものを受けることができないのですが、TOEFLで50点以上を取得することができれば問題ないので過剰に心配しすぎる必要はありません。
 
LIBERTYでは、グラマーテーブルと呼ばれる独自の教育メソッドを用いた英語教育を行なっています。体系化された英語本来のルールを学ぶことで英語に対する根幹的な理解力を養い、短期間で効率的に英語運用能力を養うことが可能です。
 

まとめ

 
以上、TOEFLのスコアを利用した群馬大学への編入について取り上げてみました。
LIBERTYではTOEFLの試験に特化した対策コースも用意されているので、試験対策に不安のある方はぜひ受講してみてください。
 
参照:群馬大学
https://www.gunma-u.ac.jp

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約