英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

TOEFLのスコアを利用した国立北海道大学への編入制度

2022/09/01

TOEFLのスコアを利用した国立北海道大学への編入制度

 
国立大学の中でも北海道大学は東京大学や京都大学と肩を並べる名門大学ですが、一部の学部で編入生の受け入れを行なっていることをご存知だったでしょうか。
そこで、今回は北海道大学の簡単な紹介と、TOEFLを利用した編入制度について紹介したいと思います。
 

名門国立である旧帝大の一つ

 
北海道大学は旧帝大と呼ばれる日本屈指の名門国立大学です。最難関の医学部はもちろんですが、水産学部や獣医学部など北海道大学らしい個性的な学部の人気も非常に高く、毎年多くの受験生が北海道大学への入学を目指しています。
 
北海道大学では1年生の時点では学部関係なく全員が総合教育部に所属という扱いで、学部、学科に関係なく総合的な教育、指導を受けることになります。この制度は東京大学でも取り入れられており、学部の垣根を取り払うことで様々な専門分野に触れる機会を与えることを目的とし、2年生の学部選択時には自身の興味のある学部へ変更することも可能となっています。
 
ちなみに、北海道大学のもう一つの特徴として紹介したいのがキャンパスの広さ。なんと東京ドーム38個分もあります。そのため、毎年冬になると猛烈な吹雪の中キャンパスで遭難しかける北大生が出るそうです。
 

ボーダーラインとなるTOEFLのスコア

 
北海道大学では工学部や医学部など一部の学部限定ではありますが、若干名編入生の募集を行っています。国立大学の医学部で編入生を受け入れている学校は非常に珍しいので、毎年激戦になりがちですが、北海道大学はそうした大学の中でも特に厳しい争いになりがちです。
 
また、編入試験を受けるにあたってTOEFLのスコアの提出が求められているのですが、医学部の編入試験を受けるためには71点以上のスコアを取得していなければなりません。
 
LIBERTYでは、グラマーテーブルと呼ばれる独自の教育メソッドを用いた英語教育を行なっています。体系化された英語本来のルールを学ぶことで英語に対する根幹的な理解力を養い、短期間で効率的に英語運用能力を養うことが可能です。
 

まとめ

 
以上、TOEFLのスコアを利用した北海道大学への編入について取り上げてみました。
北海道大学の編入試験を受けるためのTOEFLのスコアはあくまでボーダーラインですので、実際に試験を受ける場合はライバルと差をつけるためにも80点以上のスコアは取得しておきたいところです。
ちなみに、LIBERTYではTOEFLの試験に特化した対策コースも用意されているので、試験対策に不安のある方はぜひ受講してみてください。
 
参照:北海道大学
https://www.hokudai.ac.jp

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約