英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

TOEFLのスコアを利用した新潟大学への編入について

2022/09/01

TOEFLのスコアを利用した新潟大学への編入について

 
旧帝大に代表されるように、日本では国立大学は難関、名門大学の象徴とされており、毎年多くの受験生が国立大学への入学を目指して勉強しています。
今回はそうした国立大学の中から新潟大学のTOEFLを利用した編入制度について紹介したいと思います。
 

旧六医科大学の一つ

 
新潟大学は新潟県にある国立大学で、旧六医科大学と呼ばれる大学の内の一つです。その流れから医学部は新潟大学でも一番古い歴史を誇り、かつ一番人気の学部なので毎年多くの受験生が新潟大学を受験しています。
 
新潟大学では近年特色ある取り組みが行われており、その一つが知識集約型社会を支える人材育成事業、全学分野横断創生プログラム、通称NICEです。新潟大学には総合大学としての豊富な教育資源があり、自身が所属している学部以外の専門分野を副専攻として学ぶ機会を広く提供するために作られた仕組みです。
 
また、大学の世界展開力強化事業にも力を注いでおり、メコン地域、新潟地域両方の発展のために作られた交流プログラムも用意されています。こうしたプログラムへの参加を通して、多様な価値観を持ったグローバルリーダーになり得る人材の育成を新潟大学では目指しています。
 

ボーダーラインとなるTOEFLのスコア

 
新潟大学では一部の学部で若干名ではありますが編入生の受け入れを行なっており、編入試験を突破することで晴れて新潟大学の学生の一員となることができます。
 
そして新潟大学の編入試験を受けるためには条件がいくつかあるのですが、そのうちの一つがTOEFLやTOEICなど、大学側で指定された英語の資格、試験の成績証明書の提出です。
特にこれらの試験のスコアについて編入試験を受けるためのボーダーラインは設けられていませんが、新潟大学は県内はもちろん国内でも難関大学に位置付けられている大学ですので、80点以上のスコアは取得できた方が良いでしょう。
 
LIBERTYでは、グラマーテーブルと呼ばれる独自の教育メソッドを用いた英語教育を行なっています。体系化された英語本来のルールを学ぶことで英語に対する根幹的な理解力を養い、短期間で効率的に英語運用能力を養うことが可能です。
 

まとめ

 
以上、TOEFLのスコアを利用した新潟大学への編入について取り上げてみました。
新潟大学に限らず大学の編入時にはほぼ必ずTOEFLなどのスコアの提出を求められるので、大学への編入を考えている人は受験しましょう。
また、LIBERTYではTOEFLの試験に特化した対策コースも用意されているので、TOEFLの試験対策に不安を抱えている方はぜひ受講してみてください。
 
参照:新潟大学
https://www.niigata-u.ac.jp
https://www.eng.niigata-u.ac.jp/guide/admission/files/hen-nyu_R4.pdf

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約