英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

TOEFLのスコアを利用した南山大学への編入について

2022/09/01

TOEFLのスコアを利用した南山大学への編入について

 
ここ数年コロナの影響で増えた巣ごもりの時間を活かし、高校や大学に入り直して勉強する人が増え、中には大学の編入制度を利用する人もいます。
そこで、今回はTOEFLのスコアを利用した南山大学の編入制度について取り上げてみたいと思います。
 

愛知県の名門私立

 
南山大学は愛知県の私立大学で、地元では旧帝大の国立名古屋大学と共に愛知の難関大学の一つに数えられる名門大学です。
 
カトリック系のミッションスクールで、キリスト教世界観に基づく学校教育を行うことを建学の理念としており、この見学理念に具体的な方向性を与えるために「Hominis Dignitati」、つまり「人間の尊厳のために」という教育モットーを掲げ、創立以来人間の尊厳を尊重かつ推進する人材の教育を行なってきました。
 
南山大学は理系学部の歴史はまだ浅いですが、文系学部は歴史も難易度も東海地方随一。特に南山大学は英語教育に強く、一番人気の外国語学部の英米学科は帰国子女でなければ受からないと言われるほどの狭き門です。
 
ちなみに、南山大学は英語教育に力を注いでいるだけあって留学プログラムも充実しており、長期間海外の大学で専門分野を学ぶ交換留学から海外インターンシップまで、学生の目的に合わせた留学プログラムが提供されています。
 

ボーダーラインとなるTOEFLのスコア

 
南山大学ではごく少数ですが一部の学部で編入生の受け入れを行なっており、編入試験を突破することで晴れて南山大学の一員となることができます。
 
南山大学の編入試験を受けるための条件はいくつか存在していますが、その内の一つが「一定の基準以上の英語力を有していること」で、そのために南山大学サイドが指定する英語の資格、検定試験のスコアを提出する必要があります。
 
南山大学の場合は総合得点で92点以上、かつ各技能で18点以上のスコアを取得していることが条件となっており、TOEFLの平均スコアが72点前後であることを考えると非常に高いハードルと言えるでしょう。
 
LIBERTYでは、グラマーテーブルと呼ばれる独自の教育メソッドを用いた英語教育を行なっています。体系化された英語本来のルールを学ぶことで英語に対する根幹的な理解力を養い、短期間で効率的に英語の運用能力を向上させることが可能です。
 

まとめ

 
以上、TOEFLのスコアを利用した南山大学への編入について取り上げてみました。
大学への編入のみならず、将来海外留学をする際にもTOEFLのスコアは必ず必要になるので、留学をしたい人は今からキチンとTOEFLの対策をして、留学に必要なスコアを取得できるように頑張りましょう。
 
参照:南山大学
https://www.nanzan-u.ac.jp
https://www.nanzan-u.ac.jp/admission/nyushi/shubetsu/score.html

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約