英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

TOEFLのスコアを利用した富山大学への編入について

2022/09/01

TOEFLのスコアを利用した富山大学への編入について

 
近年はリモートワークなど生活様式が変化したことで生まれた時間を利用して、大学に入り直すために編入試験を受ける社会人も増えています。
そこで、今回は富山大学のTOEFLを利用した編入制度について紹介したいと思います。
 

旧六医科大学の一つ

 
富山大学は富山県に本部キャンパスを構えている国立大学で、1949年に創設されました。富山県にある唯一の国立大学で県内屈指の難関校として知られており、毎年多くの受験生が富山大学への入学を目指して入試を受けています。
 
富山大学はキャンパスがある富山平野の豊かな自然環境のもと、地域と世界の発展に寄与する基礎研究、そして東アジア地域をはじめとする諸外国との交流を通じて東洋と西洋の英知と科学の融合を目指して日々活動しています。また、近年ではグローバルな知識基盤社会に貢献することができる豊かな人間性と想像的問題解決能力を有している人材の育成も目指しています。
 
国際交流に対しても積極的な活動を行なっており、海外の大学や研究機関と結んだ協定を通して学術研究の展開や研究者の活動を国際的にサポートし、学生間の国際交流の促進をしています。特に中国との交流が深く、富山大学に在籍している留学生の3分の2は中国人で、山東大学や蘭州大学など中国国内でも名の知られた名門大学と学術や研究分野の交流を行なっています。
 

ボーダーラインとなるTOEFLのスコア

 
富山大学では若干名ではありますが2、3年次の編入生の募集を行なっています。
そして一部の学部では一定以上の語学力を証明するためにTOEFLなど、大学側から指定された英語の資格、試験のスコアを提出する必要があります。工学部などでは特に編入試験を受けるためのボーダーラインは決められていませんが、看護学部では42点以上のスコアの提出が求められます。ただし、TOEFLは高校卒業程度の英語力があれば60点以上は必ず取ることができるので、そこまで高い壁ではないでしょう。
 
LIBERTYでは、グラマーテーブルと呼ばれる独自の教育メソッドを用いた英語教育を行なっています。体系化された英語本来のルールを学ぶことで英語に対する根幹的な理解力を養い、短期間で効率的に英語運用能力を養うことが可能です。
 

まとめ

 
以上、TOEFLのスコアを利用した富山大学への編入について取り上げてみました。
LIBERTYではTOEFLの試験に特化した対策コースも用意されているので、試験対策に不安のある方はぜひ受講してみてください。
 
参照:富山大学
https://www.u-toyama.ac.jp
https://www.u-toyama.ac.jp/admission/graduate-exam/transfer/

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約