英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

TOEICのスコアを利用した三重大学への編入制度について

2022/09/01

TOEICのスコアを利用した三重大学への編入制度について

 
近年は国際社会のグローバル化に伴い語学の需要が増えたことで、TOEICをはじめとする語学の資格や試験を受ける人の数が増えていますが、これらの資格の中には編入試験を受ける際に利用できるものがあります。今回は三重大学の編入試験を例に取り上げ説明します。
 

就職率15年連続1位

 
三重大学は1949年に創設された総合大学で、その名の通り三重県に本部キャンパスを置く国立大学です。三重県内では唯一の国立大学で、県内はもちろん関西圏や隣の東海地方からも学生が集まっています。
 
三重大学はグローバル人材の育成にも力を入れている大学で、学生を海外の大学へ積極的に送り出していることでも有名です。三重大学では短期から中長期まで様々な留学プランを用意しているのですが、提携校と生徒を互いに送り出す交換留学はなんと1年に3回も募集をかけています。
 
また、留学について費用や単位、卒業年度の問題などがあり中々留学をする決心がつかないという人もいると思いますが、三重大学では三重大学の学費さえきちんと納めていれば留学先の学費は払う必要がありません。更に留学先の大学で取得した単位を卒業単位に含む制度を設け、単位さえ取得できれば4年で問題なく卒業することが可能なので、海外へ行きやすい土壌が整っています。
 

ボーダーラインとなるTOEICのスコア

 
三重大学では一部の学部で編入試験を行なっており、編入試験を突破することで3年次から晴れて三重大学の学生となることができます。
 
編入試験を受けるための条件はいくつかあるのですが、その中には英語力の証明をするために大学側から指定された英語の資格試験のスコアを提出するというものがあり、主にTOEICのスコアの提出が求められています。
 
特に編入試験を受けるためのボーダーラインとなるスコアについて言及はされていないので、極端な話スコアの提出さえできれば試験自体は受けることはできますが、三重大学は優秀な国立大学ですので低スコアでは試験の合格は難しいでしょう。あくまで参考情報ですが、編入試験を受けるのであれば700点以上あった方が良いそうです。
 
LIBERTYでは、グラマーテーブルと呼ばれる独自の教育メソッドを用いた英語教育を行なっています。体系化された英語本来のルールを学ぶことで英語に対する根幹的な理解力を養い、短期間で効率的に英語の運用能力を向上させることが可能です。
 

まとめ

 
以上、TOEICのスコアを利用した三重大学の編入制度について取り上げてみました。
TOEICは編入試験のみならず、就職活動などあらゆる場面で役に立つものなので、積極的に勉強してハイスコアの取得を目指しましょう。
 
参照:三重大学
https://www.mie-u.ac.jp

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約