英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

TOEICのスコアを利用した静岡大学への編入制度について

2022/09/01

TOEICのスコアを利用した静岡大学への編入制度について

 
2020年頃から発生しているコロナの世界的流行により生活環境、スタイルが変化し、空いた時間を利用するために大学の編入試験などを受ける人が増えています。
そこで、今回は静岡大学についてTOEICのスコアを利用した編入制度の紹介をします。
 

就職率15年連続1位

 
静岡大学は1949年に創設された総合大学で、その名の通り静岡県に本部キャンパスを置く国立大学です。静岡大学の母体となった静岡師範学校の創設が1875年のことなので、そこから数えると140年以上の歴史を誇ります。
 
静岡大学は自由啓発をモットーにしており、キャンパス全体にリベラルな空気が漂っている学校です。学生を試験や賞罰によって縛るのではなく、一人一人の個性や特性を尊重することに重きを置く教育を実践し、成果を上げてきました。
 
近年は国際社会のグローバル化に伴い国際社会で活躍できるグローバル人材の育成にも力を入れているようで、静岡大学国際連携推進機構が中心となって静岡大学の学生と留学生による国際交流や協定を結んだ海外の大学との交換留学を積極的に進めているようです。
 
特にここ数年発展が目覚ましい東アジア、東南アジア地域の学生、大学との交流が盛んなようで、協定を結んでいる大学の中には中国の浙江大学や復旦大学など、国際的にも認められている優秀な大学が名を連ねています。
 

ボーダーラインとなるTOEICのスコア

 
静岡大学では全ての学部、学科で行われているわけではありませんが、編入試験を行なっています。
 
静岡大学の編入試験を受けるためにはいくつかの条件をクリアしている必要があり、その中には大学側から指定された英語の資格試験のスコアの提出というものがあります。主に指定されているのはTOEICで、2年以内に受験したテストのスコアの提出が必要です。
 
特に編入試験を受けるためのボーダーラインは決められていないのですが、編入試験を受けるのであれば英検2級以上、高校卒業程度の英語力があることを証明できる600点から700点のスコアは最低限あった方が良いでしょう。
 
LIBERTYでは、グラマーテーブルと呼ばれる独自の教育メソッドを用いた英語教育を行なっています。体系化された英語本来のルールを学ぶことで英語に対する根幹的な理解力を養い、短期間で効率的に英語の運用能力を向上させることが可能です。
 

まとめ

 
以上、静岡大学のTOEICのスコアを利用した編入制度について取り上げてみました。
TOEICはきちんとした対策をすれば、必ず600点以上のスコアは取れるようになります。編入試験などのために受験を予定している人は、ぜひ頑張ってハイスコア取得を目指してください。
 
参照:静岡大学
https://www.shizuoka.ac.jp

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約