英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

パイロットに必要な英語力はどれくらい?航空会社別に詳しく解説!

2022/09/01

パイロットに必要な英語力はどれくらい?航空会社別に詳しく解説!

 
グローバルな活躍ができる人気職業の「パイロット」。
今回は、そんなパイロットの仕事にスポットを当てて、働くためにはどのくらいの英語力が必要なのか、会社別にご紹介します。
 
パイロットの仕事に関心がある方は、ぜひ最後までご覧ください。
 

【航空会社別】パイロットに必要な英語力はどれくらい?

 
それでは早速、パイロットに必要な英語力を各航空会社別にみていきましょう。
 
・ANA
自社養成のパイロット募集要項では、TOEICスコア700点以上となっています。
 
・ANA Wings
ANAの子会社で、求められる英語力はANAと同じく700点以上です。
面接前に適性試験が行われますが、この試験の2次でもどの程度の英語力を有しているのかチェックされます。
 
・JAL
2020年からケンブリッジ英語検定試験を採用。
CEFR基準におけるレベルB2相当以上の英語力が訓練要項となっていて、採用時も同程度持っていることが望ましいとされています。
 
CEFR基準におけるレベルB2相当以上は英検準1級レベルで、TOEICでいうと「Listening&Readingで800点以上」、「Speakingで150点以上」、「Writingで150点以上」と同程度です。
 
・ピーチアビエーション
ピーチ航空、エアバス社、三井住友銀行が共同で行っているパイロット育成プログラム「パイロットチャレンジ制度」では、TOEIC600点以上が求められています。
 
・スカイマーク
自社でパイロットの養成を行っていて、一部の訓練は海外で実施されます。
受験に必要な英語力はTOEIC600点以上です。
選考では英語で話す面接もあるので、スピーキング力も求められます。
 

航空会社は入社後も英語の試験が義務化されている

 
パイロットは聞き取れる英語だけではなく、どのような状況でも冷静に飛行機や周囲の状況を分かりやすく説明できる、より実践的な英語力が求められます。
 
就職後は、英語力不足でトラブルが発生することがないよう「航空英語能力証明試験」の実施が義務化されています。
 
国際線のパイロットを強める場合、レベル1~6段階のうち4以上を取得する必要があります。レベル6のみ永久に更新しなくても良いですが、かなりのネイティブでないと取得は難しいでしょう。
 
レベル5は6年間、レベル4は3年間と有効期限が定められていて、定期的に再試験を受ける必要があります。
 
 

パイロットに必要な英語能力

 
国際的な航空業界では英語が共通語として使用されており、パイロットは英語を使用して航空交信を行う必要があるため、高い英語力が求められます。また、非常事態が発生した場合には正確かつ迅速な英語で指示を出すことが必要となるため、ストレス下でも冷静に英語を使いこなせる能力が求められます。
 
国際民間航空機関(ICAO)によると、全てのパイロットには英語の能力が必要とされています。ICAOは、英語力を判定するための評価基準を定めており、これに基づいて各国の航空局はパイロットの英語力を評価しています。
 
少なくとも、TOEICのスコア基準は、採用元の航空会社で定められているスコアですので、そのスコアをクリアできれば採用される可能性はありますが、実践の空の上で飛行機を操縦するパイロットには、スピーキング力も必要不可欠となります。パイロットへの夢を抱いている学生は、英会話力も向上させる必要性があるのです。
 
TOEICスコアアップの学習だけではなく、英語総合力を向上させる学習に取り組んでいかなければなりません。
 
TOEICコース対策はコチラ
 
今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)


無料カウンセリングのご予約

 

LIBERTYで身に付けられる英語力

 
パイロットや英語を多用する職業に就きたいと考えている学生は、TOEICスコアが雇用条件に加えられている場合に、そのスコアだけに注目しがちですが、実際には現代社会において英語4技能が備わっていない英語力では、業務に支障をきたす可能性があります。
 
そのため、TOEICのListening&Readingでハイスコアを獲得しても、英語を話せないなどの状況では、英会話の面接などが行われている企業には就職できませんし、就職後に外国企業とやり取りする場合には、その職務を全うできない・任せられないことになり、キャリアアップなども難しくなってしまいます。
 
自身の夢を叶えるために英語力が必要となり、職場で高い英語力が求められているのであれば、しっかりと対人にも通用する完璧な英語習得を目指しましょう。
 
LIBERTYでは、母国語を英語とする教養あるエリート層が操る本格的な英語をマスターするためのカリキュラムを組んでいます。グラマーテーブルを軸としたメソッドで英語の構造や規則を理解することにより、英語の核が強化され、英語総合力を向上させることができます。ご興味がある方は、ぜひ無料カウンセリングへお越しください。
 
また、通学が困難と言う学生もご心配ございません。LIBERTYでは、オンラインコースを開校しております。ご自宅でも、LIBERTYの質の高い勉強法を取り入れることで、確実に英語力アップを実現いたします。
 
オンラインコース(TOEFL/IELTS/TOEIC/難関校受験 対策)の詳細はコチラ
 
今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)


無料カウンセリングのご予約

まとめ

 
パイロットになるには、高レベルの英語力が必要となります。
聞き取りだけではなく、管制や海外の職員ともコミュニケーションを取る必要があるため、TOEICなどの学習を通じて4技能の英語力を総合的に高めていきましょう。

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約