英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

プログラミングや英語が役立つ?コンサル企業への就職が有利に!

2022/09/01

プログラミングや英語が役立つ?コンサル企業への就職が有利に!

 
コンサルティング業界は、高収入や好待遇といった印象もあることから、毎年多くの学生が採用試験に応募します。今回は、プログラミングや英語が役立つ?コンサル企業への就職が有利となる理由についてお伝えします。
 

人気の高いコンサルティング業界

 
企業向けの戦略コンサルティング企業や官公庁などの公的機関向けのシンクタンク系コンサルティング企業など、コンサルタントという枠組みでも企業によってさまざまな特色があります。
 
また、外資の有名なデロイト・トーマツ・コンサルティングやアクセンチュアといった総合系コンサルティング、マッキンゼー・アンド・カンパニーにボストン・コンサルティングなどのビジネス戦略系コンサルティングなど、グローバルに展開をしているファームは歴史も深く、人気の高い企業となっています。
 
近年では、独立系コンサルティングやIT系コンサルティングといった、独自の強みを活かし、企業成長を促進させるサポートをする企業も増えています。
 

近年のコンサルタントにはプログラミングや英語が役立つ!

 
就活生からも人気の高いコンサルティング企業に採用されるためには、現在の社会で必要とされている、スキルや知識を養っておくことが重要です。
 
インターネットの普及により、企業の課題がIT関連であるといったケースも多く、ITプロジェクトを遂行できるだけの知識やプログラミングなどの技術が必要とされることが増えています。技術の進歩が目覚ましい分野だからこそ、大手コンサルティングファームなどでは、専門的な知識を養っている学生を採用する傾向も強まっています。
 
また、IT関連同様に、需要が伸びている人材がいます。それが、グローバル人材を始めとする英語力に長けた人材です。これは、海外進出を目指す国内企業や、国内へ進出しようとする海外企業が増え、そのサポートをするためのコミュニケーションツールとして、英語能力が高い人材を採用するといったケースが増えています。
 
このように、人気の高い企業であっても、人材に求める能力がありますので、就職を目指している学生は、企業の欲している人材へ成長させアピールすることが重要となります。
 

まとめ

 
コンサル企業は、毎年就職希望者が多い業界です。大手のコンサルティングファームとなれば、東大や京大に早稲田や慶應といった一流大学出身者が就職先として選ぶ傾向も強い状況です。それほど、倍率の高い企業への就職を目指す際に、他人と差をつけるとしたら、企業が求めている人材への成長が重要となります。専門的な知識だけでなく語学力にコミュニケーション能力など、企業が求める力を養って挑戦しましょう。それが企業へのアピールポイントにもなります。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約