英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

伊藤忠商事に入社する際の英語力!どれくらい必要なの?

2022/09/02

伊藤忠商事に入社する際の英語力!どれくらい必要なの?

 
伊藤忠商事は、国内に11拠点、62の国・地域、100拠点でエネルギーや食料、自動車などの事業を展開する総合商社です。今回は、伊藤忠商事に入社する際の英語力!どれくらい必要なの?と題して伊藤忠商事の入社要件について解説します。
 

伊藤忠商事の基本情報

 
伊藤忠商事は、エネルギーや自動車などのモビリティ、天然ガスや石油、食料や化学製品など幅広い品目を扱う総合商社です。伊藤忠商事株式会社は1858年に設立され、従業員数は4,000名、巨大な企業となっています。ただし、他の総合商社と比較すると従業員数は少なく、少数精鋭をテーマにしている会社です。
 
事業所数は、62の国と地域に100拠点を構えています。伊藤忠商事の事業の柱となっているのが、食料と金属分野です。売上が一番高いのは、食料分野となっていますが、利益での柱となっているのが金属分野です。
 
金属分野は、ここ数年でも伊藤忠商事の中で伸びている分野となっています。サステナビリティ経営やESG経営にも力を入れています。生物多様性保全や、汚染防止、水資源の保全にも積極的に取り組んでいます。
 

伊藤忠商事の入社に必要な英語力

 
伊藤忠商事の入社には英語力があった方が有利です。伊藤忠商事では、英語面接や英語エントリーシートを提出する必要はありません。
 
ただし、グローバル企業であるため英語力があると入社にも有利となります。入社試験でTOEICを提出する必要があります。英語ができなくても、TOEIC730点以上のスコアは取得しておかないと、就職試験は難しいといったコメントもありますので、まずはTOEIC730点以上を目指して勉強をしましょう。
 
LIBERTYには、試験対策コースもございます。英語の基礎構造や規則といった概念から理解し、短期間で英語総合力を伸ばし、ハイスコアを目指せるようにもなります。
 

その他の伊藤忠商事入社要件

 
伊藤忠商事に入社するためには英語力以外にも必要な要件があります。伊藤忠商事の採用ページの中には、次のような人物を求めているとの記載があります。「自分の信念を貫き、口だけでなく行動する人」、「常識や固定概念を壊し、道なき道を切り拓く人」の2つが挙げられています。
 
将来を作るのは、AIやロボットではなく、情熱を持った人間です。自分だけが持っている情熱を採用面接官に伝えることで、採用に近づいていくと思います。また、社長メッセージより視野を広く、高く好奇心をもって世の中の変化を感じ取り、柔軟な発想で未来に挑戦していく人を求めています。
 
以上のことから、伊藤忠商事には自分にしかない情熱を持ち、チャレンジ精神を持って仕事に取り組める人を求めています。英語が苦手な方は、その他の入社要件でアピールできるように準備しておくことをおすすめします。
 

まとめ

 
ここまで、伊藤忠商事への入社要件についてまとめてきました。英語力に加えて、伊藤忠商事の求める人物像を意識し就活の準備に臨むようにしましょう。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約