英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

英語は地味な学習?覚えるだけじゃダメ!使うことへの意識が大事

2022/09/02

英語は地味な学習?覚えるだけじゃダメ!使うことへの意識が大事

 
学校での定期試験や受験などで英語科目で結果を残したいと考える学生は多いことでしょう。しかし、英語学習は暗記ばかりの地味で辛い学習と考えら、苦手意識を抱く学生は少なくはありません。今回は、英語は地味な学習?覚えるだけじゃダメ!使うことへの意識が大事な理由ついてお伝えします。
 

英語は地味な学習?

 
学生に人気のある教科にランキングされているのが、数学や社会とされています。一方で苦手の強化には、数学と英語がランキングされている状況です。数学に関して言えば、好きな学生もいれば、嫌いな学生もいるといったバランスなのですが、英語に関しては苦手と感じている学生ばかりいるという状況となります。
 
英語を苦手とする理由も、単語や文法を沢山覚えなければならないや覚えた情報を自分で使いこなせないなど、単純に覚える勉強でありながら成長が感じられない授業が英語が苦手とされている理由だと考えられます。
 
だからこそ、英語は暗記ばかりで地味と感じられる割に、使えないことが難易度を跳ね上げてしまっている状況が問題なのです。覚えるだけの勉強ほど地味でありますし、好まれる授業にならないのも理解できますが、苦手のまま過ごしていては将来的にはデメリットとなるため、しっかりと英語力を伸ばしていかなければなりません。
 

覚えるだけじゃダメ!使うことへの意識が大事

 
英語はコミュニケーションツールですので、相手に意思を伝えるために使う物であり、相手の意見を聞き取るために使う能力となるため、単語など暗記した情報を自身で組み立てられる状況に仕上げなければなりません。
 
そもそも、実践的な会話を組み立てることまで意識して、英語学習している学生は少ないことでしょう。これは、学校の試験などではペーパーテストで成績が決まるため、使うよりも重要視されているのが覚える事なのです。スピーキングやリスニングといった能力を高める授業の時間が少なすぎるため、覚えるが出来ても使うができない学生が非常に多いのです。
 
ですので、英語を使えるようにする!に切り替えることも大事となります。
何をすれば良いのかと言えば、英語の基礎となる構造や規則を正ししく理解することが重要なのです。そこの部分をおざなりにしてしまうと将来的に受けられるメリットを諦めてしまう事にもなりますので、覚えた情報を正しく使えるに昇華させることが英語においては重要となります。
 

まとめ

 
英語は覚えることが多くて苦手という学生が多い科目ですが、実際には、覚えた情報を使えない事が問題だと考えるべきだと言えます。覚えた単語を正しく英文にして操れるようになれば、英語はそう難しい学習ではありません。基礎が備わることで、積み重ね学習もしっかりと血となり肉となるため、英語を楽しむためにも、英語を使うための土台を学び使える様にすることから始めることをおすすめします。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約