英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

英語も必須!理系学生が求められるコンサルティング企業

2022/09/02

英語も必須!理系学生が求められるコンサルティング企業

 
コンサルティング企業への就職は、文系学生が多いといった印象が強いかもしれませんが、現在のIT関連の相談が多い状況により、理系学生の採用が増えています。今回は、英語も必須!理系学生が求められるコンサルティング企業についてお伝えします。
 

外資コンサルでは理系採用が増えている?

 
マッキンゼー・アンド・カンパニーやボストン・コンサルティングなどの外資コンサルティングファームは、人気のある就職先としても有名ですが、コンサルタントという業種はクライアントの要望や悩みを聞き取り、業績を伸ばすサポートをする仕事になります。
 
経営学やM&Aに人事戦略など多岐に渡る知識や技術が必要となる業界でもあります。
そして、現代社会において、ITといった知識や技術を求める傾向が強まり、コンサルタント企業では理系学生の採用も増えてきています。
 
設計からプログラミングにデータ収集まで、エンジニアとして活躍できるIT系の技術は、大きな強みとなり、コンサルタントファームでも補いたい人材という傾向が強まっているのです。
 

専門性の能力だけでなく英語も必須!

 
理系の学生が学んできた専門性の高い知識や技術は、コンサルタントとして役立つ能力になってくれるのですが、コンサルティング企業が抱える案件は、海外の企業や外国人クライアントを抱えているケースが多いこともあり、英語などの語学力の向上も必須となります。
 
自身の専門知識や論理的な思考力を持ち合わせていたとしても、クライアントやチームに伝え説明するための英語力は必要不可欠です。従って、コンサルタントとして働くことを目指している学生は、語学力アップにも力を入れていかなければなりません。
 
LIBERTYでは、母国語を英語とする教養あるエリート層が操る完璧な英語をマスターするためのカリキュラムを組んでいます。グラマーテーブルを軸としたメソッドで、英語の構造や規則を理解することにより、英語総合力が向上します。ご興味がある方は、ぜひ無料カウンセリングへお越しください。
 

まとめ

 
近年では、IT技術が進化していることもあり、IT系コンサルティングの需要は高まっています。そのこともあり、外資コンサルティングファームなどが欲する人材として理系の学生の採用が増えています。このような大手外資などで働きたい、自身の力を発揮したいという学生は、自身の知識や技術を伸ばすだけでなく、英語などの語学力やコミュニケーションスキルもしっかりと伸ばして挑戦することをおすすめします。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約