英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

学校の授業で嫌いになる?小中学生には英語は凄く難しい

2022/09/02

学校の授業で嫌いになる?小中学生には英語は凄く難しい

 
グローバル化に伴い、早期英語学習が取り入れられることになり、小学生から英語の授業が始まり、中学生になると英語の授業も難しく苦手意識が植え付けられてしまうケースが増えています。今回は、学校の授業で嫌いになる?小中学生には英語は凄く難しいについてお伝えします。
 

小中学生には英語は凄く難しい

 
学校の授業やテストに入試の結果にも大きく関わる英語ですが、小中学生にとっては凄く難しいと感じられる教科であることに違いありません。
 
小学校から英語の授業が取り入れられることになり、英語に触れる時期が早まったのは、英語への苦手意識を無くすための判断だったのですが、むしろ苦手意識を早くから植え付けてしまった可能性が強いのです。
 
勉強は嫌い・苦手という意識は出来ないが増えるほど、強く感じてしまいます。
また、母国語である日本語自体も勉強中の身である学生が、英語を並行して学習しても、言葉の形式の違いが混乱を招き、英語がさらに嫌いになってしまうことでしょう。
 

英語を嫌いにならないために重要な事

 
小学校から英語の授業が取り入れられる事になったので、英語を苦手に感じることなく成長させるために出来ることというのは非常に少ないのです。
 
義務教育課程の英語は選択制ではないため授業を回避することも出来ませんし、アメリカンスクールのような学校生活の全てが英語で進められるような形式ではないので、英語に触れる時間は短いため、英語への理解を深めることは、まず小学生には難しいと言えます。
 
そこで、嫌いにならないために重要な事は、フォニックスなど英語を母国語とする人たちが子供のころから学ぶ方法を参考にするしかないのです。文法などの難しい情報を理解させるよりも、歌ったり踊ったりなど体を動かし、英語に触れるといった学習で英語に慣れることが重要です。仮に早い段階で英語への苦手意識が生まれてしまったら、一度諦めてみるのも大切となります。
 
勉強に慣れてから、やり直すのも大切なのです。
そうすることで、日本語への理解が終わっている状況で、他言語を学ぶことにもなるので、日本語と英語の違いを把握しながら学習できるため、英語を英語として捉えられる学習への理解度も増すことにもなるでしょう。
 

まとめ

 
早期から授業に組み込まれることで、英語をマスターするための時間が伸びたと大人は感じるかもしれませんが、日本語すら完璧でない状態で、他言語を理解するのは非常に難しいと言えます。何でも早期から始めれば成功に繋がるといった事でもありません。
 
特に学問へ触れ始めた小学生や中学生は慎重に行わなければ、苦手意識が強まり、英語は一生覚えられないといった気持ちを植え付けてしまうのはデメリットでしかありません。
 
仮に早くから英語習得させたいと考えているのであれば、アメリカンスクールに通わせることや、ご両親と一緒に英語学校などに通い英語を学ぶことへの抵抗を無くすや使う場を増やしてあげることが重要であることを忘れてはいけません。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約