英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

学生のTOEICスコアアップや話せる英語はどう身に付けるべき

2022/09/02

学生のTOEICスコアアップや話せる英語はどう身に付けるべき

 
将来英語が必要となることが約束される時代でもある現代において、学生の英語学習は難しくなっています。小学生から英語が教科とされることにもなり、さらに苦手意識を持つ学生も増える可能性があります。今回は、学生のTOEICスコアアップや話せる英語はどう身に付けるべきかについてお伝えします。
 

学生の英語について

 
現在小学校、中学校、高校などに通っている学生も、すでに大学を卒業した大人にも必要とされるスキルが英語とされる時代が来ています。
 
これは、グローバルビジネスの中で働く日本人が増え、国際舞台で活躍できる人材が増えなければ日本の経済の発展であったり、今の暮らしを維持することが困難と考えられているため、英語スキルの向上が必要なのです。
 
2020年の教育改革により、小学生から英語を授業で取り組むことにもなり、早期学習が求められる状況なのですが、英語に触れることで興味を持つ学生もいれば、早くから苦手意識を植え付けられてしまう可能性も高まったのです。
 
学校の教員によってもその英語力の差が生まれるため、必ずしも早期取り組みがメリットに繋がるとは言い切れません。そのため、学生の英語学習も難しさを高めるだけになる可能性は否定できないのです。
 

TOEICスコアアップや話せる英語はどう身に付けるべき?

 
大人が考える英語力は、仕事で話せる英語力を身に付けたいや昇進や昇給のためにTOEICスコアアップなど明確なビジョンを打ち立てて英語学習に臨めるのですが、学生にとってはテストのスコアアップであったり、成績のためといった印象が強く、英語の最終地点を見据えられていないケースが大半です。
 
英語はコミュニケーションツールですので、そのゴール地点を明確にしてあげる事も大切なのです。そのため、暗記学習に徹するだけでなく、アウトプット能力も養える学習に取り組ませていかなければなりません。
 
英語は4技能揃って初めて有効なスキルとなります。そのことを理解して勉強に励んでいかなければ、何度も英語をやり直しして覚え直すなど、効率の悪い勉強となってしまうので注意しなければなりません。
 
なぜ英語を勉強するのか?の解答を明確に学生たちに提示することが大事ですし、英語量が身に付くことで得られるメリットを伝えることが重要でもあるのです。
やる目的が明確でない状況という物ほど、身にならない学習になるので、目的意識をはっきりとさせましょう。
 

まとめ

 
国際化の影響により、英語能力が低いと就職で苦労するや昇進などのキャリアアップを図れないなど、英語を基準とする考え方も社会では増えています。このような状況を知りつつも、英語習得に至れない大人は少なくはありません。
学生には、時間がまだあります。その時間を有効活用し、社会に出る時に積み上げておくスキルが多いほど、人生の幅を広げる事も可能です。そのため、英語習得に励むとしても、最終目標を明確にし、英語学習に取り組む事をおすすめします。また、英語はコミュニケーションツールであることを忘れてはいけません。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約