英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

国立と私立のトップ大学でなければ就職は無理?商社に必要な英語

2022/09/02

国立と私立のトップ大学でなければ就職は無理?商社に必要な英語

 
有名商社となる三菱商事や三井物産などへの就職を希望とする学生にとっては、卒業校は関係ないと考えられているかもしれませんが、実際の採用数の割合は国立と私立のトップ大学に絞られている傾向にあるのです。今回は、国立と私立のトップ大学でなければ就職は無理?商社に必要な英語についてお伝えします。
 

なぜ一流商社では国内トップクラスの大卒が選ばれるのか?

 
日本の経済を動かす大手一流商社の三菱商事や三井物産に伊藤忠商事など5大商社では、就活生から注目される企業でもあります。ただし、これらの商社の採用試験をパスできる学生の多くは、東京大学に京都大学といった国立トップに、慶應大学や早稲田といった私立でもトップクラスの大学を卒業した学生が採用される傾向が強い状況です。
 
学歴社会が根強く残る日本といった印象を受けるかもしれませんが、地頭が良い学生を企業が欲するということは、それだけ難易度の高い仕事を熟さなければならないケースが非常に多いこともあり、基本的な学習能力が高い学生を採用するというのも事実なのです。
 
また、これらの大学の入試難易度が高いこともありますし、合格者は高い知性などを養うことができる可能性が高いため、人材能力の評価が高いのも不思議ではありません。
もちろん、これらの大学に進学していないからノーチャンスという事ではないのですが、国立・私立のトップ校への進学が、一流商社への就職のチャンスを高めていることには違いないと言えます。
 

商社に必要な英語力

 
なぜ一流商社では、日本でも入試難易度の高い大学卒の学生を採用することが多い状況なのかと問われれば、英語力を養っている割合も高く、本気で取り組めばマスターする学生が多いことも理由として考えられることでしょう。
 
商社は、海外取引の多い業界ですし、海外出張や海外赴任が任せられることのある業種なので、語学面の低さは致命的になるのです。
 
そこで、英語が話せないまでも単語量や文法を暗記できている一流大学出身の学生が、本腰を入れて語学学習に励めば、一般的に英語を苦手としている方よりは早く英語能力をアップさせられる傾向にあると考えられています。
 
それだけではありませんが、幅広い分野の業界と付き合いのある商社にとっては、語学力やコミュニケーション能力といったグローバル人材として対応できる能力を養える可能性が高い学生を積極的に採用する傾向が強いのです。
 
そのため、一流商社に就職したいと考えている学生は、英語力を伸ばしておくことも前提にして語学学習に励んでおくことをおすすめします。
 

まとめ

 
日本の経済を動かす一流商社では、東大・京大・慶應・早稲田といった名立たる大学卒の学生が多く採用される傾向が強いとされています。従って、これらの大学受験を成功させることも重要なポイントでもあります。また、社会に出れば、国際ビジネスが主戦場になるので高い語学力を求められる業界です。商社の業界で活躍したいと考えている学生は、英語力をしっかりと伸ばしておきましょう。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約