英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

住友商事に入社する際の英語力!どれくらい必要なの?

2022/09/02

住友商事に入社する際の英語力!どれくらい必要なの?

 
住友商事は、国内に11拠点、66の国・地域、111拠点でエネルギーや食料、自動車などの事業を展開する総合商社です。今回は、住友商事に入社する際の英語力!どれくらい必要なの?と題して住友商事の入社要件について解説します。
 

住友商事の基本情報

 
住友商事は、金属、輸送機、インフラ、メディア・デジタル、生活・不動産、資源・化学品など6つの事業を中心に扱う総合商社です。住友商事株式会社は1919年に設立され、従業員数は約75,000名の超巨大な企業となっています。
 
事業所数は、66の国と地域に111拠点を構えています。住友商事の事業の柱となっているのが、資源・化学品と金属分野です。売上が一番高いのは、資源・化学品分野となっています。次に売上が高いのは金属分野です。サステナビリティ経営やESG経営にも力を入れています。再生可能エネルギー事業や気候変動に関する活動も積極的に実施しています。
 

住友商事の入社に必要な英語力

 
住友商事は、グローバル企業であるため日常業務から、英語を多用することになりますので、入社前から基本的に英語は使うものとして考えておくべきです。
 
そして、その英語レベルもTOEICのハイスコアは当然ですが、海外のクライアントや海外支社の社員とコミュニケーションが図れる英語力が求められるので、しっかりと英語力は伸ばさなければなりません。
 
また、商社という業種は、海外赴任や出張も多いので、海外生活に対応できる日常会話からビジネス英語までできる様になる必要性があるので、入社前から準備し、海外挑戦できる状態に成長させておくことが必須となります。
 
LIBERTYでは、母国語を英語とする教養あるエリート層が操る本格的な英語をマスターするカリキュラムを組んでいます。グラマーテーブルを軸としたメソッドで、英語の構造や規則を理解することにより、英語の核が強化され、英語総合力が向上します。そうすることで、TOEICのスコアアップや海外赴任や出張にも耐えうる英語能力の土台を養うことが可能です。
 

まとめ

 
住友商事は、日本でもトップクラスの商社となるため、就職希望者が多い企業です。
採用されるためには、グローバル人材としての成長が必要不可欠でもありますので、専門的な知識を大学時代に養う事も大切ですが、海外で通用する英語などの語学力を養っておかなければなりません。
グローバルな時代だからこそ、学生には求められる能力やスキルは必然的に多くはなりますが、そのハードルを超えることで、挑戦できる仕事の幅も広がり、成果を残すことで企業内での評価も高くなりますので、しっかりと学生時代から準備していきましょう。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約