英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

従業員数1万人を超える大手でも英語を必要とする人材は限られる

2022/09/02

従業員数1万人を超える大手でも英語を必要とする人材は限られる

 
SONYやTOYOTAなど海外でもブランド力を発揮するような大手企業は、従業員数も多く抱えています。しかし、海外赴任などを任せられる割合はそう多くはありません。今回は、従業員数1万人を超える大手でも英語を必要とする人材は限られるについてお伝えします。
 

大手企業でも海外赴任はごく僅か?

 
日本ブランドのTOYOTAの自動車やSONYのプレイステーションや電化製品などは、海外でも人気の高いハイブランドとして有名です。海外でも人気が高いこともあり、海外に支社を抱えユーザーサポートを手厚くし、海外需要を高め利益を上げるといったビジネスモデルも一般的になりつつあります。
 
また、大手は海外の事業所や協力会社を持ち、そこには、日本人社員を赴任させるなど、グローバル人材の成長の場として経験を積ませるといったケースも目立ちます。
 
ですが、日本人の社員が海外赴任する割合は、まだ少なく、企業の従業員数が1万人を超える規模の企業であっても1000人程度の社員しか、現地に派遣することはありません。
従って、海外市場で利益を上げる大手企業であっても、社員全員が英語などの語学力を持つ必要性はないとも言われていますが、自身の成長の幅を狭める事にもなっていることに気が付くべきでもあるのです。
 

英語を必要とする人材になるべき理由

 
企業内の10分の1程度の人材が海外赴任などの仕事を任せられることになるのですが、英語などの語学スキルがない人材にまず、赴任を依頼することはありません。
 
語学スキルがないことで、安心している方もいるかもしれませんが、その気持ちは捨てるべきでもあります。現在の国際化の流れは今後も進むため、語学力がないことで、任せられる仕事の幅も減ります。そうなれば、企業からの評価を得ることが困難となり、昇給や昇進といったキャリアアップを図ることが難しくなります。
 
これは、今後さらに企業の判断材料として重要視される項目となる事が予測できるので、英語レベルの向上を考えない社員は企業にとってメリットのない社員とジャッジされることにもなるでしょう。自身の暮らしを豊かにしたいなどの目標を持つ方は、しっかりと語学力を伸ばしていくべきなのです。
 

まとめ

 
大手企業の海外進出が増える現代において、社員の海外赴任などの割合なども今後はさらに多くなることでしょう。しかし、英語などの語学学習に弱い日本人にとっては特定の人材のみが挑戦できる仕事と考えられていますが、海外での需要を高め利益を上げることが今後はさらに重要とされる時代へと変化していますので、海外で結果を残せない人材への評価は低くなる一方です。海外挑戦し結果を残せる人材が求められる時代へと変化する現状を理解し、しっかりと自身の語学スキルを伸ばしていくことが重要ですので、これから就職先を選ぶことになる学生は、高い英語力を養っておくことをおすすめします。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約