英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

商社やコンサル業で重要なスキルの英語がキャリアを後押し!

2022/09/02

商社やコンサル業で重要なスキルの英語がキャリアを後押し!

 
高収入や好待遇を得られる業種の代表として知られる商社やコンサル業は、多忙でもありますがやりがいを感じられる仕事でもあります。今回は、商社やコンサル業で重要なスキルの英語がキャリアを後押し!についてお伝えします。
 

高収入や好待遇も結果が大事!

 
社会人にとっての仕事とは、自身がやりたかったことを仕事にすることや収入が良いなど様々な理由を持って働くことにもなります。なかには、良く考えずに就職先を選び早期退職してしまう方もいらっしゃいます。そうして、何度か転職・退職を繰り返し居場所を見つけるという方も近年では増えています。
 
しかし、転職・退職を繰り返しているようでは、高収入や好待遇を得られる様になるのもかなり定年まで時間がない晩年となることも考えられます。そのため。転職も回数は少ない方が良いのです。企業に長年勤務することで、昇進や昇給する基準が満たされていくことにもなり、成果を評価されやすくなります。従って、継続勤務年数というのも大事なのです。
 
ですので、ヘッドハンティング等の条件以外の勤続年数が少ない社員は、昇進や昇給のチャンスが少ないため、高収入や好待遇を勝ち取ることも困難となります。
 

英語がキャリアを後押しする理由

 
商社やコンサル業といった高収入・好待遇の業界では、20代で1000万円の年収を超える社員が出てくることもあり、人気の高い就職先として考えられています。しかし、これらの条件を満たすためには、企業にプラスとなる働きをしなければ、まず評価されませんので、収入アップやキャリアアップには繋がりません。
 
また、企業の昇進判断基準の中には、海外赴任の年数などの経験を組み込んでいる企業もあるため、海外での生活・ビジネスを成功できる人材へと成長しなければなりません。仮に、国内で専門的な知識や経験を積み重ね成果を上げることはできても、海外で成果を上げることの出来ない語学力の人材では昇進などが遅くなるなどのデメリットも生まれてくるのです。
 
従って、高給取りとされる業種であっても、専門的な知識だけでなく、グルーバル化の進む現代に必要なビジネススキルの向上も必要不可欠なのです。キャリアを後押しするための英語習得も、現代の社会人にとって重要なのです。
 

まとめ

 
海外との取引が増える昨今の日本企業において、高収入や好待遇を受けるためには、国内の業務だけでなく、海外赴任や海外出張でも成果を上げることが必要となります。
そうして成果を上げることが、昇進や昇給といったキャリアを築き上げる基準となりますので、語学力やコミュニケーションスキルを伸ばして行きましょう。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約