英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

世界を股に掛ける記者やライターなど英語が使えるとメリットに

2022/09/02

世界を股に掛ける記者やライターなど英語が使えるとメリットに

 
英語が使えると世界を飛び回るような職業にも就けるようにもなります。例えば商社などが考えられますが、記者やライターなど文字で仕事に就く方も語学力が高いほど幅広い仕事にありつけるのです。今回は、世界を股に掛ける記者やライターなど英語が使えるとメリットになる理由についてお伝えします。
 

記者やライターが英語力を持つメリット

 
良い意味でのニュースから、目をそむけたくなるような事まで、世界ではあらゆる事件や事故に経済活動など様々な事が起こります。それを世界に発信する記者やライターといった職業は、目の前で起こる現状を文字にしなければなりません。
 
その情報を載せる媒体は、新聞やネットニュースなど様々な媒体があるのですが、国内に情報を発信する際にも、海外で起こる出来事は現地の言葉を把握し、日本語へと翻訳することで、正確に発信できるため、英語などの語学力が高ければ高いほど仕事量は増えることにもなります。
 
従って、記者やライターという職業に就くことを考えている方は、語学力堪能の方が仕事幅も広がり国内外問わず経験を積み上げていくことも出来るでしょう。
 

近年では動画配信も英語が重要

 
ライターや記者という配信者という立場の方は、文字を武器に情報を発信する事になるのですが、近年ではYouTuberなど動画を主体とした配信者も増えています。
 
では、なぜこの時にも英語などの語学力が求められるのか?と言えば、周りのユーザーとは別のコンテンツを生み出しやすいというポイントがあるからです。外国人に質問し、解答を得るといった日本人にとっても興味を持てるコンテンツを作成するなど、語学力がなければ挑戦できないものを作り出すことも可能となります。
 
言葉の壁を超えられるというスキルは、誰にでも習得できる事ですが、実際に挑戦しなければ身に付けられない能力なのです。その挑戦をするかしないかによって、自分だけのスペシャリティが生まれるのかも違います。自分の評価や価値を高めるためにも外国語という武器は大事となります
 
特に、英語を苦手とする日本人が多いからこそ、身に付ければチャンスが広がることを把握し、学習してくことでチャンスを広げるきっかけになることを知るべきなのです。
 

まとめ

 
記者やライターなどの物書きの仕事は、世界で起こる出来事を発信することになります。
従って、国内外での情報収集であったり、人から話を聞き文字にしなければなりません。
正しい情報を発信するためには、高い語学力が必要不可欠となる仕事ですので、海外まで仕事の幅を広げることを考えている方は、英語力を伸ばすことは必須となります。
また、YouTubeなどの動画配信する表現者も、周りと差別化するための語学力を養うなど自分の武器を身に付けることで評価や価値を高める手段にもなるため、語学力アップに努め挑戦してみてはいかがでしょうか。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約