英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

総合商社への就職に必要な英語などのスキルや業界について

2022/09/02

総合商社への就職に必要な英語などのスキルや業界について

 
三菱商事や伊藤忠商事といった総合商社は就職先としても人気が高い業種となります。さまざまなジャンルの商材を扱うことになるため、知識や能力が高くなくてはならない業界です。今回は、総合商社への就職に必要な英語などのスキルや業界についてお伝えします。
 

総合商社とは

 
総合商社とは、幅広い分野の商材を安く買い高く売るという「トレーディング」と、企業買収や投資先の経営改革や経営指導などを行う「投資」が事業の核となります。
 
よく目や耳にする5大総合商社の三菱商事は、金属事業や生活産業事業に強みを持ち、伊藤忠商事は、非資源分野に強みを持つなど、それぞれの企業によって利益を生み出す分野も異なります。
 
ただし、どの総合商社においても業績を左右するのが「資源」となります。
資源とは、原油や天然ガスにレアメタルなど人間が社会生活を維持向上させるための源です。ですので、資源価格が下落すると業績が悪化し、資源価格が高騰すれば業績が上向く傾向にあります。このような商材の見極めも大切ですし、投資先をどこにするかでも、業績は大きく変わります。その見極めを上手く行い、社会に負担を与えず業績を伸ばすのが商社の役割と言えるのです。
 

総合商社への就職に必要な英語などのスキル

 
総合商社では、社内外の人と関わる機会が多い業種ですので、コミュニケーション能力は非常に重要です。取引先やクライアント、輸送業者などさまざまな人と関りを持つ業種ですので、個人のコミュニケーション能力次第でも売上率が変わることもあります。
 
そして、社内の社員とプロジェクトを進行していく際にも、精度の高いコミュニケーション能力があれば業務効率も上がるため大切なスキルなのです。
 
また、商社の仕事は海外企業とのやり取りも活発、海外出張や海外赴任といった仕事を任せられるケースも多く、世界共通言語の英語もネイティブレベルで必要とされる業種とされています。そして、忍耐力であったり適応能力といった海外での暮らし・海外でのビジネスを成功させるための能力も必要となるのです。
 

まとめ

 
総合商社は、内定を目指す学生が毎年多い企業です。また、大手の総合商社であっても、企業ごとに注力している事業や社風も異なりますので、しっかりと企業について調べておく必要があります。そして、総合商社で求められる能力は、専門的な知識だけでなく英語力やコミュニケーション能力も高いレベルで必要とされます。そういった能力が備わっていると判断されて採用されることになりますので、しっかりと対策をして就職活動に臨みましょう。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約