英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

受験とは違う一回きりではないからこそ真剣にやるべきTOEIC

2022/10/01

受験とは違う一回きりではないからこそ真剣にやるべきTOEIC

 
TOEICは年に何度も受験することができる試験でもあるため、期間を空けて挑戦しスコアアップを図ることができますが、何度も受けられる保険が失敗を呼び込むこともあるのです。今回は、受験とは違う一回きりではないからこそ真剣にやるべきTOEICについてお伝えします。
 

一度きりにしたい受験と一度きりではないTOEIC

 
高校受験や大学受験は、年に一度で失敗が許されない試験です。
仮に、受験に失敗しても留年して再度受験といった手段もあるのですが、リスクが伴うことも考えられるため、第二志望の大学などに進学した方が良いなどの考えも生まれます。
 
一方でTOEICは、年に何度も受験ができ、失敗したからといって次の機会までに成長させれば良いといった気持ちにさせてくれる試験です。自身の目標とするスコアに到達できなかったとしても、大学などの受験とは違い、失敗のストレスも小さいものです。
 
ですが、この失敗に慣れてしまうことが一番危険なのです。
何度も受けられるという安心感は、失敗にも繋がりやすいため、むしろ緊張感を持って受験できる大学受験の方が、成果を発揮しやすいといったケースもゼロではないのです。
 

何度も受けられるからこそ真剣に受けるべきTOEIC

 
TOEICは何度も受けられる試験ですので、自身の英語力を測るためにも役立つ試験となります。しかし、何回も受験できるからこそ、真剣になれないや集中力を欠いてしまい失敗するケースも少なくはないのです。
 
ですので、TOEIC試験も一度で結果を残す意気込みで取り組んだ方が良いのです。
初めて受験する学生にとっては、シンドイと感じるでしょうが、2回目3回目と受験して成果が出ないと自身の勉強法にも自信を持てなくなってしまうので、受験回数は限りなく少ない状況で結果を残すといった目標を持ちましょう。
 
LIBERTYでは、母国語を英語とする教養あるエリート層が操る本格的な英語を習得するためのカリキュラムを組んでいます。グラマーテーブルを軸としたメソッドで、英語の構造や規則を理解することにより、英語の核が強化され、英語総合力を向上させることが出来ます。TOEICのスコアアップだけでなく、将来役立つ英語の基礎を手に入れましょう。
ご興味がある方は、ぜひ無料カウンセリングへお越しくださいませ。
 

まとめ

 
TOEICスコアは、受験や就職などに活用できるものでもありますが、何度も受験できるといった安心感から気が抜けた状態で試験に臨んでしまう事も少なからずあります。
しかし、その感情で臨んでも結果が残せることは、まずないでしょう。そして結果が残せずにいると英語への苦手意識などを植え付けるなどのデメリットを生み出しかねません。
折角の、学習時間や受験費用を無駄にしないためにも、一度で結果を残す意気込みでTOEIC試験に向き合うことをおすすめします。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約