英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

外資系コンサルティングファームへの転職で求められる英語力

2022/10/01

外資系コンサルティングファームへの転職で求められる英語力

 
外資系コンサルティングファームは、企業が抱える課題を解決するための戦略や業務改善など様々な分野のサポートをする業種であり、非常に人気の高い業界です。今回は、外資系コンサルティングファームへの転職で求められる英語力についてお伝えします。
 

外資系コンサルティングファームについて

 
外資系コンサルティングファームは、クライアントの企業をいかに儲けさせることができるかや、企業の課題を明確にして業務改善の手伝いを行うなど、企業の課題を解決するコンサルティング行為に対して報酬を受けています。
 
外資系コンサルティングファームで有名企業と言えば、
・ベイン・アンド・カンパニー
・ボストンコンサルティンググループ
・マッキンゼー
・デロイトトーマツコンサルティング
・A.T. カーニー
などが挙げられます。
 
これらの企業は、日本に国内にも支社を設置していることもあり、就活生や転職者からも人気のある企業となっています。
 
外資系コンサルティングファームが人気とされる理由は、高収入・好待遇といったことや、扱う案件の幅の広さにやりがいを見出すことができるといったメリットが挙げられます。
 

外資系コンサルティングファームへの転職で求められる英語力

 
外資系コンサルティングファームの母体は、海外に企業本社が設置されていることや、様々な国や地域に支社があることから、海外とのやり取りが多く、日本へ進出を目指す海外企業のサポートであったり、国内企業の海外進出をサポートするなど、グローバル案件を手がけることが多い事業となります。
 
そのことから、英語などの語学力を求められる職場となるため、転職者には英語力が必須とされています。TOEFLでも90点や100点レベルの英語上級者の能力が必要不可欠です。
また、コンサルティングでは様々な分野・業界の知識も把握しなければならないので、幅広い専門的な知識を理解したうえで、英語での会話などが必要となるため、ネイティブレベルや流暢に英語を操れなければ話にならないでしょう。
 
高収入・好待遇などのメリットがある企業は人気が高いからこそ、能力も一般的な企業よりも遥かに高いレベルで求められるということを理解しなければなりません。
従って、外資系コンサルティングファームへの転職を考えている方は、英語もビジネス英語を簡単に熟せるぐらいには仕上げていく必要性があると言えます。
 

まとめ

 
人気の職種である外資系コンサルティングファームは、幅広い業務を熟すスペシャリストが集まる業界です。高収入・好待遇といった条件を得るためには、自身のスペックアップは必須となります。グローバル人材が求められる業界ですので、しっかりと英語力アップに努め経験を積みトライして行きましょう。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約