英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

医学部卒業後の就職先で必要となる英語レベルの理想と重要性

2022/10/01

医学部卒業後の就職先で必要となる英語レベルの理想と重要性

 
医学部卒業後は、研修医として経験や技術を身に付け、将来一人前の医師として働く力を養うことにもなりますが、それ以外にも必要なスキルも身に付けなければなりません。今回は、医学部卒業後の就職先で必要となる英語レベルの理想と重要性についてお伝えします。
 

医学部卒業後の進路について

 
東京医科大学や慶応義塾大学などの医学部卒業後の進路は、医師国家試験に合格し臨床研修医として病院などで働く方、大学院への進学や医療行政に民間企業の製薬会社などへ就職し、研究職として培った知識や経験を活かすといったケースも考えられます。
 
基本的に臨床研修医として働く方たちはタイトな生活を余儀なくされるなど、一人前の医師になるまで苦労すると言われています。その期間も2年から4年と長い年月がかかるため、一人前になるまでには多くの知識や技術を身に付けていくことでしょう。
 
また、医師であろうと研究職であろうと、医学面での成長だけでなく、社会人としての心構えであったり、語学スキルなどの向上も備えていかなければならないため、医学部卒業後も成長が求め続けられます。
 

英語レベルの理想と重要性

 
医師や研究職といった職業では、英語が出来なければいけないシーンが少なからずあります。患者さんや研究職員など外国人がいる場面では、コミュニケーションを図るために英語が必要となることが考えられます。また、海外の新知であったり新薬を調べるとなれば、また英語が大抵の割合で必要となります。
 
そして、また論文などを発表するとなれば、英語でのメディア露出などあらゆるシーンで高いレベルの英語力が必要不可欠となるので、英語力は伸ばしておくべきです。また、海外の病院への赴任などを考えている方となれば、生活や仕事で支障が起きない英語力は必須となってきますので、語学学習に取り組む必要性があります。
 
また、言い換えれば、医学部入学後の6年間の内にレベルアップを図ることが一番良いかもしれません。時間的猶予のある医学部在学中を逃してしまうと、精神的・肉体的にも厳しい状況に追い遣られる可能性も考えられるのです。ですので、英語習得は、空いた時間を見つけることのできる大学生の期間を有効活用することをおすすめします。
 

まとめ

 
医学部卒業後は、医師として働くことや研究機関で働く方が多いとされています。その際には、医学の知識や経験を活かして職務を全うすることにもなります。ただし、グローバル化が進む現代においては、外国人とのコミュニケーションを図るシーンも多いことや、医学の新知などの情報を得るために英語が必要となるケースも沢山あるので、しっかりと英語力も伸ばしていきましょう。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約