英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

サントリーやアサヒなどの飲料メーカーに必要な英語力

2022/10/02

サントリーやアサヒなどの飲料メーカーに必要な英語力

 
日本の飲料部門でトップを走るサントリーやアサヒビールなどは人気の高い企業でもあります。近年では海外進出もし、消費者ニーズを増やす努力を行っています。今回は、サントリーやアサヒなどの飲料メーカーに必要な英語力についてお伝えします。
 

日本の飲料メーカーの海外進出

 
サントリーやアサヒビールといった日本の人気飲料メーカーは、国内では大手のイメージがありますが、世界的に見るとコカ・コーラやレッドブルといった有名メーカーほどの、認知度はないとされています。
 
なぜなら、海外でも自国の飲料メーカーやコカ・コーラ社のような有名飲料メーカーの勢力が強く、そこまでの影響力を与えられていない分野とされているのです。
だからこそ、日本企業が世界進出し、シェア獲得に励んでいる状況です。
 
サントリーやアサヒビールは、世界各国に自社のビールであったり飲料水にジュースを販売するといった手法だけでなく、海外パートナー企業とのコラボレーションなど、海外で成功するための施策を行い、海外シェア獲得に動いています。
 
そして、パートナー企業の製品を日本に輸入し、新たな商品販売ルートを構築するなど、新たな試みに挑戦しています。今後は、日本の飲料メーカーの活躍が日本の経済事情においても大切だと考えられるのです。
 

飲料メーカーに必要な英語力

 
飲料メーカーでも部署によっては、英語を多用する部署はあるため、英語力アップは非常に重要となります。特に大手となれば、世界の様々な国と地域にグループ会社や拠点を保有することから、海外出張や海外赴任を任せられる人材成長が必要です。
 
そうなると、国際舞台で活躍を目指したい社員にとっては英語などの語学力アップは必須の企業でもあります。また、海外での経験が将来的に自身の成長にもつながり、新たなステップにも役立つため、海外挑戦を進める企業で結果を出したいと考えているのであれば、高い英語力を身に付けることは重要なのです。
 
LIBERTYでは、母国語を英語とする教養あるエリート層が操る本格的な英語をマスターするためのカリキュラム組んでいます。グラマーテーブルを軸としたメソッドで英語の構造や規則を理解することにより、英語総合力を向上させることができます。ご興味がある方は、ぜひ無料カウンセリングへお越しください。
 

まとめ

 
飲料メーカーは現在日本でのシェアの確保だけでなく、海外シェア拡大に動く傾向が強まっています。そのこともあり、社員への英語力アップであったり、高い英語力を持つ新入社員の募集など、海外でも活躍できる人材確保にも力を入れています。大手など海外シェア獲得に動く企業は増えていますので、しっかりと英語力を伸ばして挑戦していきましょう。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約