英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

コンサルティングファームのドリームインキュベータで必要な英語

2022/10/02

コンサルティングファームのドリームインキュベータで必要な英語

 
「未来のソニー・ホンダを100社育てよう」を企業理念とされたドリームインキュベータは、日本初のグローバル戦略コンサルティングファームです。今回は、コンサルティングファームのドリームインキュベータで必要な英語についてお伝えします。
 

ドリームインキュベータについて

 
株式会社ドリームインキュベータは、2000年に ボストン コンサルティング グループの日本代表であった堀 紘一氏が創立したグローバル戦略コンサルティングファーム。
 
外資系戦略コンサルティングファームが日本など世界では幅広く進出しており、欧米で作られて経営手法が主流でしたが、日本発の優れた考え方や手法をアジアや海外へ広めていこうとする企業です。
 
事業内容も、産業プロデュース・戦略コンサルティング・インストレーション/実行伴走・グローバルSX・M&A/FA/財務ソリューション・SIB・インキュベーション/投資事業と幅広い業務を請け負っています。
 
グローバルなビジネスプロデュース活動も行っているため、海外オフィスへの赴任や海外出張も多い企業ですので、高い英語力が求められる企業とされています。
 

ドリームインキュベータで必要な英語

 
東南アジア・南アジアなどのアジア諸国での顧客や案件も多いことから、ベトナムオフィス・インドオフィスが設置されており、少数ですが日本人も赴任されています。
また、採用試験中に英語などの語学力が必要要項ではありませんが、海外オフィスへの長期出張・駐在、マネジメントなど、海外で活躍する機会があるので、英語能力を伸ばしておく必要性があります。
 
コンサルティング業界では、ビジネスレベルの英語力が求められるケースが大半ですので、コンサル業界で働きたいと考えている学生は、ネイティブレベルや流暢に英語を話せるぐらいの能力に仕上げておくべきと言えます。
 
LIBERTYでは、母国語を英語とする教養あるエリート層が操る本格的な英語をマスターするためのカリキュラムを組んでいます。グラマーテーブルを軸としたメソッドで英語の構造や規則を理解することにより、英語の核が強化され、英語総合力を向上させることができます。ご興味がある方は、ぜひ無料カウンセリングへお越しください。
 

まとめ

 
ドリームインキュベータは、将来の成長を牽引するような新規事業創出や、既存事業を大きく成長させる成長戦略に注力している日本発のグローバル戦略コンサルティングファームです。グローバル案件を数多く扱う企業ですので、海外事案を取り扱う企業で働きたいと考えている学生は、しっかりと英語力を伸ばして挑戦しましょう。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約