英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

グローバル時代で英語を多用するのは外資系なのか日系なのか?

2022/10/02

グローバル時代で英語を多用するのは外資系なのか日系なのか?

 
グローバル化が進み、英語を使う業種は増えていますが、英語を多用する企業は、外資系なのか日系企業なのかといった疑問を抱く学生も少なくはないと思います。今回は、グローバル時代で英語を多用するのは外資系なのか日系なのか?についてお伝えします。
 

英語を多用するのは外資系なのか日系なのか?

 
国際化社会の現代において、英語などの語学力が必要となる業種やビジネスシーンは増えています。しかし、この語学を必要とするのは、外資系と日系企業でも異なりますので、必ずしも英語が必須という訳ではありません。
 
割合とすれば、外資系企業の方が英語を多用する傾向にありますが、日系企業でも英語を必要とされるシーンが増えているのは事実です。そのため、社会人や学生にとっても英語力アップが求められる傾向が強まる状況に変わりありませんので、しっかりと語学力アップに努めなければいけません。
 
特に海外支社が設置されている企業では、現地への出張や赴任を依頼されることもあるので、英語も使える英語力を身に付けていかなければならないといえます。
 

グローバルな仕事で必要な英語能力

 
企業の中には、グローバルプロジェクトを推進する企業も増えていることから、社員の語学力アップを進めるために社内公用語を英語にするや英語報酬制度を導入するなど、英語の重要性を高めている傾向にあります。
 
そして、海外案件も扱える社員には、昇進や給与アップなどのメリットが増えていることもあり、英語学習に取り組む社会人の割合は増えている状況です。
現状の日本において、グローバルプロジェクトを押し進められるだけの人員が足りていない傾向にもあるため、これから就職活動に臨む学生たちにとっても、語学力アップが自身の価値・評価を確実に上げる術として習得を目指すべき要素であることに違いありません。
 
LIBERTYでは、母国語を英語とする教養あるエリート層が操る本格的な英語を習得するためのカリキュラムを組んでいます。グラマーテーブルを軸としたメソッドで英語の構造や規則を理解することにより、英語の核が強化され、英語総合力を向上させることができます。ご興味がある方は、ぜひ無料カウンセリングへお越しください。
 

まとめ

 
グローバル化により、英語を多用する業種は増えています。外資系・日系と母体となる企業形態は違くても、英語を多用するケースは増加傾向にありますので、これからの日本人にとっては、英語などの語学力アップは必須となってくると考えておくべきと言えるでしょう。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約